本文へジャンプします。

ニフクラ 技術仕様

Data Visualizer(β):クエリ

指定したデータソースに対してクエリを実行し、データを取得することができます。
取得先のデータソースのファイアウォールに164.70.21.10[1-4]のIP アドレスの疎通許可をしてください。

実行間隔 指定しない / 10分毎 / 20分毎 / 30分毎 / 1時間毎 / 12時間毎 / 1日毎

クエリ

選択したデータソースのタイプごとに指定するクエリの形式が異なります。

MySQL / PostgreSQL

SQL文を指定します。

SELECT * FROM table;
MongoDB

collectionにデータ取得先のコレクション名を指定します。
aggregateに抽出する条件を指定します。
aggregateに指定できる項目については、PyMongoのAggregation Frameworkをご参照ください。

{ "collection" : "things", "aggregate" : [ { "$unwind" : "$tags" }, { "$group" : { "_id" : "$tags", "count" : { "$sum" : 1 } } }, { "$sort" : [ { "name" : "count", "direction" : -1 }, { "name" : "_id", "direction" : -1 } ] } ] }
URL

データ取得先のパスを指定します。
https://redash.jp-east-2.os.cloud.nifty.com/ec/Daily_Sales.jsonにデータが保存されている場合、データソース作成画面のURLには

https://redash.jp-east-2.os.cloud.nifty.com/

を指定し、クエリ作成画面のクエリには

ec/Daily_Sales.json

を指定してください。

また、取得先のデータは下記のようなJSON形式である必要があります。

{ "columns" : [ { "name" : "COLUMN_NAME", // Required: a unique identifier of the column name in this result "friendly_name" : "FRIENDLY_NAME", // Required: friendly name of the column. Currently unused, so can be the same as _name_. "type" : "VALUE_TYPE" // Supported types: integer, float, boolean, string (default), datetime (ISO-8601 text format). If unknown, use "string". }, ... ], "rows" : [ { // name is the column name as it appears in the columns above. // VALUE is a valid JSON value. For dates it's an ISO-8601 string. "name" : VALUE, "name2" : VALUE2 }, ... ] }

推奨画面サイズ 1024×768 以上