本文へジャンプします。

TOP

ニフクラ品質保証制度(SLA)について

クラウド トップ>クラウド品質保証制度(SLA)について

品質保証制度(SLA)について

当社は、ニフクラにおけるサービス品質の水準を下記のとおり定め、これを保証します。

対象サービスとサービス品質の水準

対象サービス サービス品質の水準(月間の対象サービス稼働率)
DNS/GSLB(広域負荷分散)※1 100%
サーバー(共有)タイプ:Type-e、Type-h 99.99%以上
ネットワーク転送量(グローバル側通信)
高速ディスク[A/B]※1
標準ディスク※1
フラッシュドライブ※1
超過ディスク※1
フェイルオーバー(DR機能)※1※2
ロードバランサー※1
プライベートアクセス(閉域網集線型接続サービス)※1
ルーター※1 99.95%以上
VPNゲートウェイ※1
マルチロードバランサー※1
RDB※1
NAS※1 99.9%以上
  • ※1 有償オプションサービスですが、当月利用料金の計算対象といたします。
  • ※2 バックアップ/DRサービス for VMware vSphere®の計画リカバリで起動したレプリカを指します。この場合、計画リカバリで起動した月の対象料金を計算対象といたします。

稼働率の考え方

月間稼働率=(月間総稼動時間−累計障害時間)÷月間総稼動時間×100

  • ※ネットワーク環境やディスクの動作異常については、それによって影響を受けたサーバーの台数を基準に、サーバー稼働率として換算します。
  • ※3分未満は切り捨てとします。
  • ※@nifty ID単位での算出となります。
計算式の各項目について
サーバー(共有)タイプ:Type-e、Type-h、ネットワーク転送量(グローバル側通信)、高速ディスク[A/B]、標準ディスク、フラッシュドライブ、超過ディスク、フェイルオーバー(DR機能)※

※ バックアップ/DRサービス for VMware vSphere®の計画リカバリで起動したレプリカを指します。この場合、計画リカバリで起動した月の対象料金を計算対象といたします。

月間総稼働時間(時) コントロールパネルの「ご利用料金詳細」に表示される値を基準にします。
(月末締め)
月額課金の場合:総サーバー台数×月間総稼働(月の日数×24時間)
従量課金の場合:サーバーの起動時間 + サーバーの停止時間
累計障害時間(時)

累計障害時間=3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態
(以下、総称して「障害」といいます。)

  1. お客様が利用中のサーバーに電源が入らない
    • ※サーバーとは、サーバー(共有)タイプにおけるType-eとType-h、DRサービスにおける計画リカバリ後のレプリカを指します。
  2. お客様が利用中のサーバーに全くアクセスできない状態
    • ※「アクセスできない」とは、上記サーバーにネットワーク経由でアクセスできない状態を指します。
  3. お客様が利用中のサーバーに接続されているディスクに全くアクセスできない状態
    • ※ディスクとは、上記サーバーのローカルディスクおよび接続されている増設ディスクを対象とします。
DNS/GSLB(広域負荷分散)
月間総稼働時間(時) コントロールパネルの「ご利用料金詳細」に表示される値を基準にします。
(月末締め)
月額課金の場合:ネームサーバーの月間総稼働(月の日数×24時間)
従量課金の場合:なし
累計障害時間(時)

累計障害時間=3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態
(以下、総称して「障害」といいます。)

  1. ニフクラDNS/GSLBのすべてのネームサーバーにおいて、お客様が登録したレコードの名前解決が全くできない
ロードバランサー(L4)
月間総稼働時間(時) コントロールパネルの「ご利用料金詳細」に表示される値を基準にします。
(月末締め)
月額課金の場合:総ロードバランサー(L4) VIP数×月間総稼働(月の日数×24時間)
従量課金の場合:ロードバランサー(L4)の利用時間
累計障害時間(時)

累計障害時間=3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態
(以下、総称して「障害」といいます。)

  1. お客様が利用中のロードバランサー(L4)を経由した通信が全くできない状態
プライベートアクセス
月間総稼働時間(時) コントロールパネルの「ご利用料金詳細」に表示される値を基準にします。
(月末締め)
月額課金の場合:総プライベートアクセス契約数×月間総稼働(月の日数×24時間)
従量課金の場合:なし
累計障害時間(時)

累計障害時間=3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態
(以下、総称して「障害」といいます。)

  1. お客様が利用中のプライベートアクセスを経由した通信※が全くできない。
    • ※ニフクラL2スイッチまでがSLA対象の範囲となります(回線事業者での障害はSLA対象外となります)。
ルーター
月間総稼働時間(時) コントロールパネルの「ご利用料金詳細」に表示される値を基準にします。
(月末締め)
月額課金の場合:総ルーター台数×月間総稼働(月の日数×24時間)
従量課金の場合:ルーターの利用時間
累計障害時間(時)

累計障害時間=3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態
(以下、総称して「障害」といいます。)

  1. お客様が利用中のルーターを経由した通信が全くできない。
VPNゲートウェイ
月間総稼働時間(時) コントロールパネルの「ご利用料金詳細」に表示される値を基準にします。
(月末締め)
月額課金の場合:総VPNゲートウェイ数×月間総稼働(月の日数×24時間)
従量課金の場合:VPNゲートウェイの利用時間
累計障害時間(時)

累計障害時間=3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態
(以下、総称して「障害」といいます。)

  1. お客様が利用中のVPNゲートウエイを経由した通信が全くできない状態
マルチロードバランサー
月間総稼働時間(時) コントロールパネルの「ご利用料金詳細」に表示される値を基準にします。
(月末締め)
月額課金の場合:総マルチロードバランサー台数×月間総稼働(月の日数×24時間)
従量課金の場合:マルチロードバランサーの利用時間
累計障害時間(時)

累計障害時間=3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態
(以下、総称して「障害」といいます。)

  1. お客様が利用中のマルチロードバランサーを経由した通信が全くできない状態
RDB
月間総稼働時間(時) コントロールパネルの「ご利用料金詳細」に表示される値を基準にします。
(月末締め)
月額課金の場合:総DBサーバー台数×月間総稼働(月の日数×24時間)
従量課金の場合:なし
累計障害時間(時)

累計障害時間=3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態
(以下、総称して「障害」といいます。)

  1. お客様が利用中のDBサーバー及びリードレプリカに全くアクセスできない状態
NAS
月間総稼働時間(時) コントロールパネルの「ご利用料金詳細」に表示される値を基準にします。
(月末締め)
月額課金の場合:総NAS領域数×月間総稼働(月の日数×24時間)
従量課金の場合:なし
累計障害時間(時)

累計障害時間=3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態
(以下、総称して「障害」といいます。)

  1. お客様が利用中のNAS領域に全くアクセスできない
適用の除外(抜粋)
共通
  • サーバーのパフォーマンスに関する場合
  • メンテナンスに伴うサーバーの停止の場合
  • 本サービスの機能としての中断(フェイルオーバーに伴うサーバーの再起動やOracle環境における高速リカバリーフローに伴うサーバーの再起動など)
  • サーバーやディスクのファイルシステムの問題に起因する場合
  • サーバーにインストールされているドライバーまたはOS上の不具合による場合
  • 仮想化ソフトウエアの不具合による場合
  • コントロールパネル・APIの不具合による場合
  • 処理能力を超える過負荷をかけた場合
RDB
  • DBパラメータの設定誤り
  • ユーザーやパスワードの設定誤り
  • ネットワーク設定誤り
NAS
  • ファイルアクセス数輻輳の場合
  • ユーザーやパスワードの設定誤り
  • ネットワーク設定誤り
プライベートアクセス
  • 回線事業者のネットワークにおける障害の場合

プライベートアクセス(閉域網 集線型接続サービス)

保証する品質を下回った場合の対応

ニフクラ品質保証制度(SLA)利用規約に則り、SLA対象サービスの月間稼働率が、規定の稼働率に満たなかった場合、当社は、当該ユーザーの有償オプションサービス料金を除く当月分の利用料金の10%に相当する金額を翌々月以降ニフクラご利用料金から減額いたします。
減額対応にあたりましては、下記のニフクラ減額申請書に必要事項を記入し、必要書類を添付の上、当社SLA窓口に郵送にて申請をお願いいたします。

必要添付書類(以下の情報について、該当時間が含まれるように取得/印刷をお願いします)
Linux系OSを適用したサーバー
(CentOS、Red Hat Enterprise Linux、Ubuntu ほか)
  • /var/log/messages ログ
    ほかに障害とわかるようなデータをお持ちの場合、あわせてご郵送ください(任意)
  • /etc/sysconfig/network ファイル
  • ifconfigのコマンド実行結果
Windows系OSを適用したサーバー
(Microsoft Windows Server、Microsoft SQL Server+Windows Server ほか)
  • イベントログのうち、システムログおよびアプリケーションログ
  • 「ネットワークと共有センター」のスクリーンショット
DNS/GSLB
  • クライアントのログなど、障害時間中ネームサーバーの名前解決ができなかったことを証明するもの。
  • /var/log/messages ログ
    ほかに障害とわかるようなデータをお持ちの場合、あわせてご郵送ください(任意)
  • /etc/sysconfig/network ファイル
  • ifconfigのコマンド実行結果 など
プライベートアクセス
VPNゲートウェイ
  • 対抗ネットワーク機器のログなど、障害時間中にプライベートアクセスが利用できなかったことを証明するもの。ほかに障害とわかるようなデータをお持ちの場合、あわせてご郵送ください(任意)
ロードバランサー
マルチロードバランサー
  • WEBサーバーのログなど、障害時間中にロードバランサーが利用できなかったことを証明するもの。
    ほかに障害とわかるようなデータをお持ちの場合、あわせてご郵送ください(任意)
RDB
  • クライアントのログなど、障害時間中DBサーバー及びリードレプリカへのアクセスができなかったことを証明するもの。
  • /var/log/messages ログ
    ほかに障害とわかるようなデータをお持ちの場合、あわせてご郵送ください(任意)
  • /etc/sysconfig/network ファイル
  • ifconfigのコマンド実行結果 など
NAS
  • クライアントのログなど、障害時間中NAS領域へのアクセスができなかったことを証明するもの。
  • /var/log/messages ログ
    ほかに障害とわかるようなデータをお持ちの場合、あわせてご郵送ください(任意)
  • /etc/sysconfig/network ファイル
  • ifconfigのコマンド実行結果 など

減額申請についてご提出いただいた情報につきましては、調査および減額処理に必要な範囲でのみ利用いたします。 なお、ご提出いただいた書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

申請書類の送付先

〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目16番12号 G-7ビルディング
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 ニフクラSLA窓口

【注意事項】

  • ※減額の申請は、対象となる月の翌月15日(15日消印有効)までに行ってください。
  • ※申請いただいた内容を、当社にて確認できない場合には、減額を行うことができませんのでご了承ください。
  • ※電子媒体での受け付けは行っておりません。

【減額について】

  • ※減額は@nifty ID単位となります。
  • ※申請の対象となる月の翌月、または翌々月以降のニフクラご利用料金より減額されます。
  • ※対象月の請求金額と減額による相殺で結果当月の請求が0円の場合、請求書は発行されませんのでご注意ください。
  • ※コントロールパネルの「ご利用料金詳細」画面では、減額に関する情報はご確認いただけませんのでご注意ください。

品質保証制度の詳細

品質保証制度(SLA)をご利用いただく際には、必ずお読みください。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能