本文へジャンプします。

TOP

ニフクラ仕様・機能

バックアップ

ニフクラのサーバーを対象に定期的な自動バックアップや任意のタイミングでバックアップを取得する機能です。エージェントレスでOS領域だけではなく、増設したディスクのデータも丸ごとバックアップいたします。トラブル発生時には、取得したバックアップデータから、別サーバーとして新規作成し、バックアップ時の状態で復元させることが可能です。

バックアップ

特長

定期バックアップでアクシデント時も安心

設定した時間帯に自動的にバックアップを取得するため、万が一のアクシデント時に備えることができます。なお、2世代目以降は増分データのみをバックアップするため、バックアップ取得の所要時間が短くなり、最適なRPO※1※2を実現します(24時間前までのRPO※1※2)。

指定した世代を復元可能

バックアップデータを世代管理し、特定の世代データを復元することができます。ディスクを増設しているサーバーの場合、ディスクのデータも同時に復元することができるため、データの整合性を保ったままの復元が可能です(48時間以内のRTO※1)。

ストレージの分散によるデータの保全性向上

取得したバックアップデータは、サーバーのデータを保管しているストレージとは異なるストレージで保管するため、データの保全性向上が見込めます。

  • ※1 RPOは、過去のどの時点まで復元するかの目標値。RTOは、復旧までにかかる時間の目標値となります。
  • ※2 RPO/RTOは目標値となり、必ずしも達成することを保証するものではありませんのでご注意ください。

仕様

バックアップの対象 サーバーのローカルディスク(OS領域を含む)および、接続している増設ディスク
バックアップ対象サーバーへの設定 不要(エージェントレス)
保持可能なバックアップ世代数 1〜10世代まで※1
バックアップの時間帯 2時間単位で選択可能
バックアップ先のリージョン/ゾーン 同一リージョン内のバックアップ専用ストレージで保管するため、選択不可
復元先のリージョン/ゾーン バックアップ対象サーバーと同一ゾーンに新規サーバーとしてコピーするため、選択不可
復元時に選択可能なサーバータイプ qlarge128/qlarge256/slarge256以外のサーバータイプ※2
  • ※1 バックアップ取得数が設定した世代数を超えた場合、古い世代から自動的に削除されます。
  • ※2 復元後にqlarge128/qlarge256/slarge256のサーバータイプへの変更が可能です。

料金

2018年9月27日〜2018年10月31日までのバックアップの月額費用につきましては、キャンペーンにより、無料となります。

  月額料金(税抜)
バックアップルール
(1世代あたり)
Linux系OS
CentOS、Red Hat Enterprise Linux、Ubuntu ほか
基本料金
(ローカルディスク30GB分)
270円/月
超過ディスク料金 900円/100GB/月
追加ディスク料金 900円/100GB/月
Windows系OS
Microsoft Windows Server、Microsoft SQL Server+Windows Server ほか
基本料金
(ローカルディスク80GB分)
720円/月
超過ディスク料金 900円/100GB/月
追加ディスク料金 900円/100GB/月
  • ※保持する最大世代数の変更を行った場合、月内で最も大きな世代数の料金が適用されます(月額料金は、実際に保持していた世代数に関わらず、定額となります)。
  • ※2018年11月以降、バックアップルールの月額料金が発生いたします。
  • ※バックアップからサーバーを作成した場合、別途サーバーとディスクの利用料金が発生します。
  • ※バックアップからサーバーを作成した場合、バックアップ対象サーバーに接続している増設ディスクと同タイプの増設ディスクが新たに作成されます。

料金例

バックアップルール(1世代あたり)で、月額料金が発生します。バックアップ対象サーバーの総ディスク容量 × 世代数での計算となります。

バックアップルール「対象VM:CentOS(30GB) + 標準ディスク200GB」の場合
  基本料金 追加ディスク料金 総額(月額)
ルール設定時1世代の場合 Linux系OS (ローカルディスク30GB分) 270円 追加ディスク 200GB 1,800円 270円+1,800円
2,070円/月
ルール設定時2世代の場合 Linux系OS (ローカルディスク30GB分) 270円
×2世代=540円
追加ディスク 200GB 1,800円×2世代=3,600円 540円+3,600円
4,140円/月
ルール設定時10世代の場合 Linux系OS (ローカルディスク30GB分) 270円
×10世代=2,700円
追加ディスク 200GB 1,800円×10世代=18,000円 2,700円+18,000円
20,700円/月

ご利用方法

コントロールパネルから、ご利用いただけます。詳細につきましては、コントロールパネルヘルプをご確認ください。

注意事項

  • バックアップ処理中のサーバーを保持している場合、ニフクラの解約ができません。バックアップ処理が完了次第、再度、ニフクラの解約を実施してください。
  • ニフクラの解約時にバックアップデータが存在している場合、サーバーなどのリソースと同じく、自動的に削除します。復元はできかねますのでご了承ください。
  • 下記のケースでバックアップ処理がエラーになる可能性があります。
    - バックアップ処理中(削除中を含む)
    - バックアップサーバーからのコピーを実行中
    - バックアップルールを更新中
    - 設定した時間帯にバックアップ処理が開始できなかった場合
    - ニフクラのメンテナンス中
    - HAが発生中
  • バックアップ処理がエラーになった場合、コントロールパネルでエラーの詳細をご確認いただけます。
  • バックアップ処理がエラーになった場合、以下のいずれかでバックアップ処理の再試行が可能です。
    - 次回の定期バックアップ処理実行
    - お客様による手動でのバックアップ処理実行
  • バックアップルールを作成すると、初回バックアップが実行されます。この処理は完了するまでに時間がかかる場合があります(目安:500GBあたり、3時間以上)。
  • バックアップ処理中は、ご利用のサーバーのIO/NW処理の性能低下/遅延/瞬断が発生する可能性があります。
  • サービスの混雑状況やバックアップの取得容量によって、バックアップの取得時刻が設定時間と異なる場合や開始から終了までの時間が変動する場合があります。
  • バックアップの取得タイミングにより、増分データの一部が反映されない場合があります。
  • バックアップが利用できる環境については以下をご確認ください。
制限事項

バックアップ対象に設定したサーバーに対する操作は、下記の制限があります。

  • ワンデイスナップショット機能は、ご利用いただけません。
  • 削除が不可となります。
  • 増設ディスクの操作が不可となります。
  • 以下の構成を変更することは可能ですが、バックアップデータには反映されません。バックアップサーバーからのコピー時に必要な構成を再度選択いただく必要があります。
    - ネットワーク構成
    - サーバータイプ
  • バックアップ処理中のサーバーに対して、コンソールからデバイス構成を変更した場合、バックアップ処理のタイミングによって、バックアップデータへデバイス構成の変更が反映されない可能性があります。
  • バックアップデータからのコピー操作で作成中のサーバーに対して、上記と同じ操作を行った場合もタイミングによってデバイス構成の変更が反映されない可能性があります。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。詳しくは、「弊社商品の価格表示について」をご覧ください。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2018年10月18日時点の情報です。

ニフクラ 機能・サービス一覧

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能