本文へジャンプします。

TOP

ニフクラ仕様・機能

クラウド トップ>機能・サービス>オートスケール仕様詳細

ニフクラ オートスケール仕様詳細

オートスケール設定時・通常時

オートスケールの設定完了時に、イメージを元に最小サーバー台数分スケールアウトし、設定を解除するまでトリガーの監視が行われます。

オートスケール設定時の動作
設定例
基本設定 最少サーバー台数:1台/最大サーバー台数:3台
サーバー設定 イメージの選択:image01/有効時間:300分

スケールアウト

負荷上昇により、監視対象のリソースの平均が設定したトリガーを超えた場合、イメージからサーバーが生成され、ロードバランサーにより負荷分散を行います。

負荷上昇によるスケールアウト時の動作
設定例
基本設定 最少サーバー台数:1台/最大サーバー台数:3台
サーバー設定 イメージの選択:image01/有効時間:300分
トリガー設定 リソース:サーバーのCPU利用率/閾値:80%/条件:以上/長さ:10分間
  • ※トリガーの設定にて「ロードバランサーのネットワーク流量」を選択した場合、オートスケール作成時に指定したロードバランサーの流量を参照します。

縮退

設定した負荷を下回った場合、スケールアウトしたサーバーが自動的に削除されます。

負荷上昇によるスケールアウト時の動作
設定例
基本設定 最少サーバー台数:1台/最大サーバー台数:3台
サーバー設定 イメージの選択:image01/有効時間:300分
トリガー設定 リソース:サーバーのCPU利用率/閾値:80%/条件:以上/長さ:10分間
  • ※トリガーの設定にて「ロードバランサーのネットワーク流量」を選択した場合、オートスケール作成時に指定したロードバランサーの流量を参照します。

設定前の注意

オートスケールは、サーバーの負荷状況などに応じて自動的にサーバーのスケーリングを行います。

  • ※コピー元になるカスタマイズイメージが必要になります。あらかじめサーバーメニューからカスタマイズイメージを作成してください。カスタマイズイメージが作成されていないと、オートスケールの作成を開始できません。
  • ※サーバーの負荷状況はSNMP を使用します。SNMP を有効にしたカスタマイズイメージをご用意ください。
  • ※スケールアウトしたサーバーをロードバランサーに組み込む場合は、あらかじめロードバランサーの作成が必要になります。
  • ※スケールアウトしたサーバーには有効期限があります(期限は設定可能)。有効期限を切れたサーバー、縮退したサーバーは自動的にシャットダウン、削除されます。
  • ※オートスケールに利用するカスタマイズイメージは、イメージ作成から長期間経過している場合、スケールアウト時にOS内部のソフトウェア自動更新(例:WindowsUpdate)などにより、利用可能な状態になるまで時間がかかる場合がございます。定期的に再イメージ化することで、カスタマイズイメージの状態を最新に保つことをお勧めいたします。

オートスケールによるサーバー生成について

以下の場合に、イメージからサーバーが生成され、ロードバランサーにより負荷分散を行います。

  • オートスケール設定時
  • 負荷上昇により、監視対象のリソースの平均が設定したトリガーを超えた場合
  • 有効時間によるサーバー削除時に、スケールアウトサーバーの台数が「最小サーバー台数」を下回る場合
  • ※スケールアウトにより生成されたサーバーも、従量料金が発生し、設定した有効時間により削除されます。

有効時間によるサーバー削除について

スケールアウトで生成されるすべてのサーバーは設定した有効時間ごとに、サーバー削除されます。

サーバー削除は、スケジュールで指定した日時とは関係なく、設定した有効時間ごとに行われます。

通常時

有効時間ごとにサーバー削除が行われますが、スケールアウトサーバーの台数が「最小サーバー台数」を下回ることはございません。一旦、スケールアウトが行われてから、サーバーの削除が行われます。

有効時間によるサーバー削除(通常時)
スケールアウト後

スケールアウトにより生成されたサーバーも、設定した有効時間ごとに削除されます。

有効時間によるサーバー削除(スケールアウト後)

サーバー料金計算方法

有効時間ごとにサーバー削除が行われますが、スケールアウトサーバーの台数が「最小サーバー台数」を下回ることはございません。一旦、スケールアウトが行われてから、サーバーの削除が行われます。

スケールアウトにより生成されたサーバーは従量課金なので、スケールアウト開始から完了までの時間も合わせて計上されます。

有効時間によるサーバー削除時イメージ
有効時間によるサーバー削除時のログ
サーバー停止時の料金が発生する場合

以下のような場合は、サーバー停止時の料金が発生することがあります。

  • 有効時間切れによるスケールアウト中に日をまたぐ場合

    スケールアウト開始から完了までの料金が停止時の料金になります。

サーバー停止時の料金が発生する場合
サーバー停止時の料金が発生する場合のログ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。詳しくは、「弊社商品の価格表示について」をご覧ください。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2017年12月13日時点の情報です。

ニフティクラウド 機能・サービス一覧