本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

「VMware vSphere」とは

「VMware vSphere」はVMware社のサーバー仮想化製品であり、世界のサーバー仮想化ソフトウェアの中でも大きなシェアを持つ代表的な製品と言えます。その特長について見ていきましょう。

VMware vSphereは「VMware社の仮想化ソフトウェアのパッケージ製品」

VMware vSphereは「VMware社の仮想化ソフトウェアのパッケージ製品」

VMware vSphereはVMware社が提供している、「VMware ESX/ESXi」「VMware vCenter Server」などの製品やオプション機能から構成される仮想化ソフトウェアスイートの総称です。

ソフトウェアスイートとは、特定の用途向けにまとめられたソフトウェアパッケージのことを指し、外資系のISV(独立系ソフトウェアベンダー)ではよく使用される呼び名となっています。

VMware vSphereを使ってサーバーを仮想化した場合、ダウンタイムなしでの仮想マシン(VM)のメンテナンス作業やパッチの実装が可能なため、運用負荷を軽減することができます。

同じような仮想化のプラットフォームとして「Microsoft Hyper-V」があり、Windows ServerやWindows 8の機能となっているほか、Microsoftのサーバー仮想化技術であるHyper-V機能だけを持つ無償の「Hyper-V Server」も提供されています。

VMware vSphereの特長・メリット

VMware vSphereは、世界のBtoB向けサーバー仮想化ソフトの中で“デファクトスタンダート”とも言えるもので、拡張性や機能性の高さ、管理面での総合力を備えつつ、WindowsやLinuxをはじめサポートしているOSが幅広いのも特長の1つです。

VMware HA(High Availability)
  • 物理サーバーに障害が発生した場合、自動的にリソースプール内の別の物理サーバー上でVMを再起動
  • 全アプリケーションでコストパフォーマンスの高い可用性を実現
VMware vMotion
  • 稼働中のVMを停止させることなく、別の物理サーバーへ移動できる機能。ダウンタイムなしのメンテナンスの実施が可能
  • サーバー負荷に応じて、VMを分散させる目的にも利用できる
VMware DRS(Distributed Resource Scheduler)
  • 稼働中のVMのCPUやメモリの負荷状況を監視し、特定の仮想マシンに負荷が集中した場合、自動的にVMをリソースが空いている別のサーバーに移動。全体の負荷を最適化する機能
VMware Storage vMotion
  • 稼働中のVMを停止させることなく、VMのディスクまたは構成ファイルを移行可能
  • vMotionと同様、ダウンタイムなしのメンテナンスを実施できる

VMware vSphereは、リソースの稼動状況を監視し、仮想サーバーへのリソース割当を自動的に調整するなど、最適な性能を発揮できる効率的なリソース活用を実現します。

また一度、仮想化してしまえば、サーバーのバックアップとリストアが簡単にできるようになります。

VMware vSphereに同梱されているソフトウェアでも仮想マシン(VM)単位でバックアップが可能ですが、さらにサードパーティー製のバックアップソリューションを併用すれば、よりシステムの可用性を高めることができます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能