本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

「vRealize Automation」とは

「vRealize Automation」はVMware社のソフトウェア製品の1つであり、複数ベンダーのITサービスやマルチクラウドを横断的に管理し、各環境上の仮想マシン(VM)やアプリケーション、ネットワークなどの設計、プロビジョニングの自動化を実現します。その特長を見ていきましょう。

VMware vCenter Serverは「仮想化基盤を統合管理するコアサービス」

VMware vCenter Serverは「仮想化基盤を統合管理するコアサービス」

昨今、企業のITインフラは従来から存在する物理サーバー環境だけでなく、仮想化環境やパブリッククラウドなど、マルチプラットフォーム化が進み、情報システムの管理はその運用・管理に多大な工数を割かざるを得ない状況が生じています。

その解決策の1つが、VMware社が提供するマルチプラットフォームに対応したハイブリッドクラウド管理自動化ソフトウェアのvRealize Automationです。

マルチベンダーの物理環境、仮想化環境、クラウド環境を問わず、インフラストラクチャ、アプリケーション、コンピューティングサービスを横断的に管理して設計やプロビジョニングを可能にし、ITの効率性やビジネスの俊敏性が向上します。さらに、各環境の運用ポリシーやコスト管理、サービス開始から削除までのライフサイクル管理も行えます。

ハイブリッドクラウドの各サービスをアイコン化して統合ポータルで展開できるほか、CPUやメモリ、OS、標準的にインストールするミドルウェアなどを定型化し、サービスカタログとしての提供もできます。

vRealize Automationの特長・メリット

vRealize Automationは、「インフラストラクチャーサービス」「アプリケーションサービス」「カスタムサービス」と、大きく分けて3つのサービスを提供します。

インフラストラクチャーサービス

ユーザーにセルフサービスポータルを提供。ユーザーは自分に割り当てられたリソースの中でVMの作成・利用が自由にできる。管理者はリソース利用に対するコスト算出や管理も可能。また、大きな特長として、マルチベンダー、マルチクラウド、マルチハイパーバイザーに対応。

アプリケーションサービス

VM、または物理サーバー、パブリッククラウド上に、アプリケーションを自動配布できる。

カスタムサービス

「vRealize Orchestrator」との連携でより柔軟なサービス提供が可能。

vRealize Automationの利用により、企業の情報システム部門の運用管理工数を削減し効率化を図れるのはもちろん、社内利用者にとってもITサービスの利用・システム構築における俊敏性や効率性などの強化につなげることができます。

クラウド移行のポイントを徹底解説無料ebookをダウンロード

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能