本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

「VPN」とは

以前は、外出先からインターネット経由で安全に社内アクセスする際や、取引先に安全に情報を提供する場合、専用線やSSL、メールの暗号化などの方法が主流でした。

最近では、アプリケーションに依存せず通信を暗号化するというニーズに応えるべく、有効なソリューションとしてVPNが利用されることが増えてきています。

ここでは、VPNの基本的な仕組みについて説明していきます。

VPNはインターネット(公衆回線)を使って専用線のようなセキュアな通信を構築する技術

VPNはインターネット(公衆回線)を使って専用線のようなセキュアな通信を構築する技術

「VPN」は「Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)」の略で、インターネット上にプライベートネットワークを仮想的に構築し、セキュア(安全)な通信を可能にする技術のことです。

インターネット上には、第三者からの盗聴や傍受、改ざん、なりすましをはじめ、数多くの脅威が存在するため、データや情報のやり取りにはセキュリティ対策が欠かせません。

その点、VPNを利用すれば、インターネットを経由していても、あたかも自社ネットワーク内で通信しているかのようなセキュアな接続が可能となり、機密性や重要度の高いデータのやり取りにおいて安全性と利便性を確保できます。

たとえば、バスや電車などの公共機関を利用してデータを届けようとした場合、第三者に盗まれる危険性がありますが、専用輸送車を使えば第三者と接触せずにデータを届けられるので安全性が高い、とイメージすればわかりやすいかもしれません。

VPNの種類は「インターネットVPN」と「IP-VPN」

VPNは接続方式の違いにより、大きく分けて「インターネットVPN」と「IP-VPN」の2種類があります。

インターネットVPNは、一般的なインターネット回線を利用するもので、一方のIP-VPNは、通信事業者の専用回線・閉域IPネットワーク網を使用します。

同じVPNではありますが、仕組みがやや異なり、それぞれに一長一短があります。どちらのVPN接続を選択するかの判断は、安定性や信頼性、そして通信コストとのバランスを検討して決定することが重要です。