本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

クラウド トップ>クラウドナビ>クラウド用語解説>「VCF(VMware Cloud Foundation)」とは

「VCF(VMware Cloud Foundation)」とは

近年、デジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みが急速に進み、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドなどのニーズが高まってきています。

そうした状況下で登場したクラウド基盤ソフト「VMware Cloud Foundation」ですが、こちらはどのようなものなのでしょうか。

VCFは「クラウド基盤プラットフォーム」のこと

VCFは「クラウド基盤プラットフォーム」のこと

VCFは「VMware Cloud Foundation」の略で、先進のソフトウェア・デファインド・データセンター(Software-Defined Data Center / SDDC)技術を用いて、クラウドを含めたデータセンターリソース管理の自動化を実現する特定用途向けシステムです。

VCFには仮想化サーバー「VMware vSphere」をはじめ、ストレージ仮想化ソフト「VMware vSAN」、仮想ネットワークソフト「VMware NSX」が統合されているほか、管理ツールとして「VMware SDDC Manager」も組み込まれており、ハイブリッドクラウドの構築と運用を効率化します。

VCFが誕生した背景

以前よりもイノベーションのサイクルが早まり、進歩や変化に対する対応力が高いレベルで求められる今、企業にとって敏捷性のあるITモデルの構築は欠かすことができない要件となってきています。

環境の構築・移行を行う際、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方を活用するなど、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドといった活用法が注目を集めていますが、運用や管理に対するリソースが著しく増えてしまうのが課題とされています。

そうした中で、いかにハイブリッドクラウド全域でコンピューティング、ネットワーク、ストレージの管理と配備を効率化・自動化できるかがポイントとされ、それを実現する統合型のSDDCプラットフォームとしてVCFが登場しました。

VCFなら簡単にハイブリッドクラウドへ移行可能

VCFでは、クラウド管理基盤と組み合わせることでハイブリッドクラウド環境を構築できるほか、仮想マシンなどのインフラとアプリケーションの提供も自動化が可能です。

また、プライベートクラウドをオンプレミスで維持しつつ、アプリケーションとワークロードをパブリッククラウドで実行、といった運用体制を取ることもできます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能