本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

「VMware vCenter Server」とは

「VMware vCenter Server」はVMware社のソフトウェア製品のブランドの一つであり、同社のサーバー仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」環境を統合管理するプラットフォームを提供します。その特長を見ていきましょう。

VMware vCenter Serverは「仮想化基盤を管理するコアサービス」

VMware vCenter Serverは「仮想化基盤を管理するコアサービス」

VMware vCenter Server は、VMware社が提供しているVMware vSphereを使った仮想化インフラのライセンス・機能の有効化や、リソース管理などを行う統合管理プラットフォームです。

1台の物理サーバーにvCenter Serverをインストールして使えるほか、仮想マシン(以降VM)にインストールして使用することも可能。管理を一元化することで、より効率的なVMのデプロイ、タスクやログの管理が行えます。

またVMware vCenter Serverは、VMware vSphereのオプション機能、「VMware vMotion」や「HA」「VMware DRS」などを有効にするのにも欠かせず、VMware vSpherの各エディションや「VMware vCenter Family」と組み合わせ、さまざまな自動化・冗長化の機能が利用できます。

VMware vCenter Serverの特長・メリット

VMware vCenter Serverは複数のVMをグループで管理し、電源のオン・オフやリソース配分の設定、IPアドレスの割当ポリシーなどを一括で設定。情報はVMに保存され、インポートやエクスポートによる移行作業の負担を軽減します。

単一のVMware vCenter Serverで最大1,000台のホストと1万台の仮想マシンを管理することが可能です。

また「VMware ESXi」とVMが使うCPUやメモリ、ネットワーク帯域などのリソースをGUIで管理。ストレージ使用率やストレージへのアクセス、サービスごとのCPU使用率なども管理できるほか、VMのリソース使用率やOSの状態、VMware vMotionの実行状況などをチェックし、一定以上のリソースが使われた場合やエラーが起きたときにアラームで通知してくれます。

クラウド移行のポイントを徹底解説無料ebookをダウンロード

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能