本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

「リージョン」とは

クラウドサービスを検討する際に、「東京リージョン」や「西日本リージョン」といった言葉を目にすることがあると思います。今回はクラウドサービスにおける「リージョン」について解説します。

地理的に独立したサーバーの設置エリア「リージョン」

用語解説リージョン

サーバーやストレージ、ソフトウェアなどをネットワーク経由で利用できるクラウドサービスですが、物理的なサーバーやストレージが存在しないわけではありません。

サーバーやストレージはクラウド事業者のデータセンターにあり、データセンターが設置されている独立したエリアのことを「リージョン」と呼んでいます。

例えば「東日本リージョン」のクラウドサービスを利用する場合、東日本にあるいずれかのデータセンターのリソースを利用していることになります。

また、各リージョン内には独立したインフラの運用区画として「ゾーン」が設置されていて、サーバーラックやネットワーク、電源、ストレージなど、すべてのリソースがゾーンごとに分離されています。この複数のゾーンを冗長化して活用することで、可用性や耐障害性を高めているのです。

リージョン選びのポイントはレイテンシーとDR対策

日本国内にユーザーがいる場合、物理的に離れた国外のリージョンよりも国内のリージョンの方が、レイテンシー(遅延)が発生しにくくなります。応答速度が重要なサービスの場合、リージョンとの物理的な距離に注意する必要があるでしょう。

また、クラウドを利用したDR(ディザスタリカバリ)対策を考える場合、バックアップには地理的に離れたリージョンを選ぶことで、より災害への耐性を高めることができます。

ニフクラを例にすると、東日本・西日本・北米からリージョンを選択できますので、東日本にある企業ならメインを「東日本」、バックアップを「西日本」、西日本地域の企業であればその逆とすることで、災害の発生時でもビジネスの継続が可能になります。

クラウド移行のポイントを徹底解説無料ebookをダウンロード

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能