本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

「DNS」とは

「DNS」はDomain Name System(ドメインネームシステム)の略で、IPアドレスとドメイン名を対応付け(「名前解決」と呼びます)するためのシステムです。

インターネットを支える重要な技術の1つであるDNSについて、基本的な仕組みや機能を解説します。

DNSは「インターネット通信を便利かつ快適に行うためのシステム」

DNSは「インターネット通信を便利かつ快適に行うためのシステム」

インターネット上の通信にはIPアドレスが必要ですが、IPアドレスは数字の組み合わせで構成されているため、覚えやすく使いやすいように名前(ドメイン名)を指定してアクセスできるようにした仕組み(前述の名前解決)がDNSです。

WEBサイトにアクセスする際にはDNSが使われます。例えば、クラウドナビのページを見る場合、ブラウザのアドレスバーに「https://cloud.nifty.com/navi/」というURLを入力するとアクセスできますが、「cloud.nifty.com」の部分がドメイン名にあたります。

実際にはURLに含まれるドメイン名をDNSサーバーへと問い合わせ、そこから対応したIPアドレスへと変換されることで通信が行われます。

DNSサーバーの主な役割

DNS機能を担うサーバーを「DNSサーバー」と言います。IPアドレスとドメイン名を対応付けして「名前解決」しているのは、まさにこの「DNS」サーバーです。

DNSの役割は、以下の2つになります。

  • コンテンツサーバー機能
  • DNSキャッシュサーバー機能

コンテンツサーバー機能は権威サーバー機能とも呼ばれ、ドメインについて「管理者」「名前解決を担当するDNSサーバー」「下位にはどんなドメインがあるか」など、ドメインの情報を管理・提供します。

DNSキャッシュサーバー機能は、ほかのDNSサーバーに問い合わせを行いIPアドレスとドメイン名を対応付けして「名前解決」するだけでなく、その結果をキャッシュ(保管)することで、次回の名前解決を迅速に行えるようにします。

クラウド移行のポイントを徹底解説無料ebookをダウンロード

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能