本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

クラウド トップ>クラウドナビ>クラウド技術解説>パブリック、プライベート、いいとこ取りのハイブリットクラウド―利用モデルからクラウドを比較

パブリック、プライベート、いいとこ取りのハイブリットクラウド―利用モデルからクラウドを比較

クラウドサービスの分類には、「IaaS(イアース)」「SaaS(サース)」などのサービスモデルの視点と、「プライベートクラウド」「パブリッククラウド」などの利用モデルの視点があります。今回は、利用モデルの種類やメリットについて見ていきます。

クラウドの利用モデルとは?

クラウドの利用モデルとは

クラウドサービスの認知度は高まってきましたが、クラウドと名の付く用語が数多くあるため、それぞれを押さえきれてないという方もいらっしゃるかもしれません。

これまでも「SaaS(サース)」「PaaS(パース)」「IaaS(イアース)」といったクラウドサービスの種類についての解説しましたが、これらはクラウド事業者が提供するサービスがどのような形態なのかを説明する用語です。

これに対して、ユーザーがどのように利用するかに注目した「利用モデル」を表す用語があり、「パブリッククラウド」や「プライベートクラウド」がこれに当たります。

利用モデルはクラウドを、誰が、どこに構築し、どのように運用していくかによって、「パブリッククラウド」「プライベートクラウド」「ハイブリッドクラウド」などに分類されます。そのほかに「コミュニティクラウド」と呼ばれるものもあります。

クラウドといえば「パブリッククラウド」を示す場合が多い

一般的に「クラウドサービス」と聞いてイメージするのは、「パブリッククラウド」ではないでしょうか。企業や組織、個人などの不特定多数のユーザーを対象に提供されているクラウドサービスで、専用のハードウェアなどを保持することなく利用できます。

インターネットを介して、サーバーやストレージなどを、必要なときに必要なだけ自由に、かつ低コストで利用できるパブリッククラウドは、さまざまな用途での活用に適しています。

しかし、その一方でインターネット回線の通信速度に影響されたり、クラウド事業者が提供するサービスに制約があったりする場合もあります。

自社内に専用のクラウド環境を構築し運用する「プライベートクラウド」

一方の「プライベートクラウド」は、パブリッククラウドが不特定多数のユーザーへクラウド環境を利用するのに対し、自社内もしくは事業者の環境内に専用のクラウド環境を構築することで、システムを利用したり社内やグループ会社にサービスを提供する形態です。

プライベートクラウドを採用した場合、従来の社内システムのように企業内や専有領域内でシステムを設計・管理できるほか、独自のセキュリティポリシーを適用できるなど、柔軟な運用が可能です。

さらにプライベートクラウドは、「ホステッド型」と「オンプレミス型」の2種に分類することができます。

自由度と信頼性を求めるなら「ホステッド型プライベートクラウド」

パブリッククラウド内に特定のユーザーが専有できるクラウド環境を提供するサービス形態を、「ホステッド型プライベートクラウド」と呼びます。

サーバーなどの管理はクラウド事業者に任せながら、必要なときに必要なリソースを安定して利用できるという、プライベートクラウドのメリットも享受できます。

技術力に自信があるなら「オンプレミス型プライベートクラウド」

自社内の設備を利用してクラウド環境を構築する方法を「オンプレミス型プライベートクラウド」と呼びます。オンプレミス環境でクラウドを利用できるので、自社の運用方針に合わせて、柔軟に運用・管理することが可能です。

しかし、設備投資・保守管理には高いコスト、さらに運用には高い技術力が必要になります。高度なセキュリティが要求される場合など、適用範囲が限られているケースが多いです。

パブリック&プライベートのいいとこ取り「ハイブリッドクラウド」

パブリッククラウド、プライベートクラウド、そしてオンプレミスと、各環境にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

また、既存システムからの更新などの場合、一度にクラウドへ移行しようとすると、コストが増大化したり移行に時間がかかってしまうケースがあります。基幹業務系システムはオンプレミスのまま、ファイルサーバーやメールサーバー、Webサーバーなど、一部のシステムだけをクラウドで運用したいというニーズもあるでしょう。

そんな中、クラウドとオンプレミスや他サービスを併用して使い分ける「ハイブリッドクラウド」と呼ばれる利用形態が、現在では注目を集めています。ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスを目的に応じ組み合わせて使う手法で、初めてクラウドを導入する企業にとっては、比較的ハードルの低い利用モデルといえます。

万が一、トラブルが生じても、影響が少ないシステムから段階的にクラウド化することにより、クラウド運用のノウハウも蓄積できますし、オンプレミスのバックアップをクラウド上に置いたり、クラウドサービスのバックアップソリューションを利用すれば、BCP/DR対策にも効果的です。

クラウド導入にはハイブリッドクラウドが最適?

オンプレミスとクラウドの両方の環境を使い分けるほか、ハイブリッドクラウドには、パブリックとプライベートというクラウド同士の構成や、クラウドとハウジングによる構成も考えられます。いずれのハイブリッドクラウドも、両者の“いいとこ取り”をした利用モデルと言えるでしょう。

オンプレミス環境のみで自社システムを運用している企業であれば、まずはシステムの一部をいずれかのクラウドに移行するハイブリッドクラウドからスタートすると、スムーズなクラウドへの移行が期待できます。

そして、クラウド運用のノウハウが蓄積され、基幹業務系システムなどもクラウドへ移行する際は、「ホステット型プライベートクラウド」を利用すれば、重要システムの安全性と信頼性を確保したままクラウドへ移行することができます。

増加するデータ処理への対応や個人情報のセキュアな管理の両立など、その他さまざまな面でも期待されているハイブリッドクラウド。クラウド利用の検討時にはこのキーワードに注目してみてください。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能