本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

クラウド トップ>クラウドナビ>クラウド技術解説>クラウドファースト時代における「クラウド選択のポイント」を考える

クラウドファースト時代における「クラウド選択のポイント」を考える

システム構築などを考える際、オンプレミスよりもクラウドサービスの利用を優先する企業が増えていると言われています。これを一般的に「クラウドファースト」と呼んでいます。

では、いざクラウド事業者を選定する段階では、どのようなポイントに着目しクラウドサービスを選択すれば良いのでしょうか。

クラウド活用が“当たり前”の時代は「選び方」も重要に

クラウド活用が“当たり前”の時代は「選び方」も重要に

クラウドサービスの普及と共に、システム設計や移行時にまずクラウドの活用を考える「クラウドファースト」や、クラウド利用が前提条件の「クラウドノーマル」といった考え方が定着しつつあります。

もちろん、何も考えずにすべてのシステムをクラウドにすれば良いというわけではありませんが、システムの導入や更新、移行にあたって、クラウドは欠かせない選択肢になっています。

つまり、クラウドを利用するかどうかという議論だけではなく、どのクラウド事業者のクラウドサービスを選択・使用するかという点に、論点の中心が変わってきていると言えるのです。

クラウド選定のポイントとは?

では、実際にクラウドサービスを選択するときには、どのような要素に着目して決めとすればいいのでしょうか。

そもそもサービスや製品を選択する際には、クラウドサービスに限らず「そのサービスや製品を導入することによって、自社の課題を解決できるかどうか」が、の最大のポイントとなってきます。

サービスなどを導入することで課題の解決が可能であると判断できれば、次に考えるのは、どのようにしてそのサービスや製品を導入するかということです。その際、「コストは?」「納期は?」「運用は?」など、チェックしておくべきポイントはいくつかあります。

こうしたプロセスはクラウドサービス導入にあたっても同様で、どのような課題を解決したいのか、自社内でクリアすべき導入のハードルなど、目標や導入環境はさまざまです。

ここでは、順不同でいくつかのクラウドサービス選択のポイントを見ていくことにします。

導入における最大のハードル「コスト」

まず、どんなに利便性の高いサービス・製品であったとしても、ビジネスである限り、コストは最大の関心事の1つでしょう。

コストは無尽蔵に使えるわけではなく、有限であることが通常です。クラウドサービス導入時には、導入コストだけではなく、中長期的な運用コストも視野に入れて比較・検討することが重要となります。

その理由として、ハードウェアやソフトウェア資産を「持たずに使う」クラウドサービスは、導入コストの優位性が強調されがちですが、通信量やストレージの使用量によっては、割高になるケースも少なからずあるためです。

もちろんトータルでコストバランスが取れるクラウド事業者も数多くありますが、コスト削減が大きな目的の場合、自社での運用パターンをシミュレーションしておくなど、留意しておく必要があります。

クラウドだけでなく情報システムでは永遠の課題「セキュリティ」

続いては情報システムにとって、切っても切りはせないセキュリティ確保の問題です。

もはや永遠の課題ともいえますが、ことクラウド導入に関しては、導入に踏み切れない要因の1つとして不安視されやすいのがセキュリティの確保です。

クラウドは、利用者が管理できない場所にサーバーがあり、個人情報や重要な営業データなどを他の利用者と同じサーバー上に保存しているのは紛れもない事実です。

それに対してクラウド事業者がどのような対策を行ってセキュリティを確保しているかが、ユーザー側からすると見えづらいこともあり、「クラウドは危険」という漠然とした不安感を刷り込まれてしまっている人が多くいると言われています。

この漠然とした不安を払拭するには、クラウドにおけるセキュリティの考え方を正しく理解することが重要です。

クラウドのセキュリティは、責任範囲がユーザーとクラウド事業者で分担しなければならない点が、すべての責任をユーザーが負うオンプレミスのセキュリティとは大きく異なります。

  • 自社に必要なセキュリティ対策を自身の責任範囲で行えるかどうか?
  • クラウド事業者の責任範囲で対策されているセキュリティが自社の求めるセキュリティレベルと合致しているか?

こうしたポイントを利用前に調べる必要があります。

つまり、セキュリティに関する情報公開を適切に行っているクラウド事業者を選択することこそが、重要となってくるのです。

その場合、客観的な評価として、クラウドセキュリティ推進協議会が運営する「クラウド情報セキュリティ監査制度」の「CSマーク」認定や、ISMSクラウドセキュリティ認証などの公的認証の有無を確認するのも、1つの判断基準として有効だと言えます。

クラウドサービス選択指標だがどこまで求めるべきか?「SLA」

クラウド事業者選びでは、「SLA」もしっかりと確認しておきたいポイントで、稼働率や帯域確保など内容は多岐にわたりますが、重要なのは自社の要件とマッチした内容であるかという点です。

例えば、より高いSLAが求められる基幹業務系システムと、それよりは緩やかなSLAでも十分な場合もある情報システム系などでは、求められるSLAのレベルが異なります。

目的やシステムの用途に応じたSLAを定めることが大切です。

自社で対応できる範囲は?「サポート体制・移行支援」

クラウドサービスを活用していく中で、クラウド事業者が提供するサポート体制も重視しておくべき項目のひとつです。

これはクラウド移行や導入時だけでなく、長期的な運用を見据えた体制をどのように構築していくか。そのためにはどのようなサポートが必要なのかを考え、トラブルが発生した際に迅速に対処が可能なのかをはじめ、運用サポートが充実しているクラウド事業者を選ぶことが重要です。

具体的には、

  • サポートレベル(無償サポート/有償サポートの範囲)の確認
  • 窓口の対応時間や緊急時にどのような窓口が用意されているか
  • 自己解決するためのサポート情報/技術ドキュメントがどれくらい充実しているか

などに着目してください。

クラウドサービス導入後の展開は?「拡張性・柔軟性」

従来システムではリソースがかかっていたサーバーやストレージの増強も、クラウドであれば、簡単に実現できるようになりました。

ただ念のため、リソースの拡大・縮小が必要なシーンを想定しておき、それに問題なく対応できるかどうかは、クラウド導入前に実施されていることが多い“無償お試し期間”などを利用して確認しておくことを推奨します。

実はオンプレミスではできていたことが、クラウドに移行してからできないことが判明するようなケースも多々あるようです。必ず事前にチェックリストを作成し、検証しましょう。

また、外部サービスとの連携などの機能拡張も昨今のビジネスでは欠かせません。業務で利用していきたいサービスとは何か、利用するクラウドで連携できるサービスにはどんなものがあるか、それぞれ確認した上で要件を満たすクラウドサービスを選びましょう。

最重要課題を問い続けることが大切

ここまで順不同でクラウドサービスの選択のポイントを見てきましたが、「順不同」を強調しているのは、解決したい課題と実現したい目的によって、優先される条件が異なるからです。

クラウドの導入・活用は、あくまでも手段であって、目的ではありません。仕様の細部を比較・検討し始めると、本来の目的が見失われがちになります。

「何のためにクラウドを導入するのか」「それによって何を実現したいのか」を常に問い続けることが、最適なクラウドを選択するための唯一の手順といえるかもしれません。