本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

クラウド トップ>クラウドナビ>クラウド技術解説>クラウドとオンプレミス-それぞれのメリット・デメリットを徹底比較!

クラウドとオンプレミス-それぞれのメリット・デメリットを徹底比較!

サーバーの選定において「クラウド」と比較される対象として、「オンプレミス(オンプレ)」がよく挙げられます。どのような違いがあり、ユーザーにとってそれぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

「クラウド」と「オンプレミス」は何がどう違うのか?

クラウド オンプレ

「クラウドサービス」は、ユーザーがインターネットなどのネットワークを通じてITリソース(コンピューター資源など)を利用するサービス形態のことを指しますが、ハードウェアやソフトウェア自体は所有せずにサービスとして利用するのが特長です。それに対して「オンプレミス」は、ハードウェアやソフトウェアを自社で保有してサービスを利用する方法です。

「オンプレミス(on-premise)」の「premise」には、「構内」や「店内」といった意味があり、オンプレを「自社保有」や「自社運用」と呼ぶ場合もあります。上記のように自社でサーバーやパッケージソフトなどを保有してシステムを運用することを指した言葉です。

サービスを利用するまでの流れやコストの発生の仕方、保守管理の有無などで違いがありますが、近年では「所有せずに利用する」ことが可能なクラウドの採用が広がってきています。

クラウドとオンプレミスのメリットとデメリットを比較・検証

クラウドとオンプレには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。さまざまな観点からその違いを比較していきましょう。

導入・運用コスト-導入費用ゼロのクラウド、運用コストの違いに注意

クラウドであれオンプレであれ、コストは関心の高い項目です。導入コスト・初期コストにおいては、ほとんどのサービスにおいて無料であることが多いクラウドが圧倒的に有利といえます。オンプレの場合は、サーバーなどのハードウェアの購入に加え、電源や空調などの付帯設備が必要になることもあります。

運用時には、クラウドもオンプレもランニングコストが発生します。オンプレの場合、設備の保守・点検などのハードウェアの維持コストが発生します。一方、クラウドの場合は、利用に応じた従量課金・月額課金による料金が発生します。

実際の検討時には、自社が想定する運用方法で発生するコストをシミュレーションした上で判断することが重要になります。
※運用方法によっては、クラウドよりオンプレのほうが安くなるケースもありえます。

立ち上げ・導入スピード-クラウドなら迅速かつ柔軟なスタートが可能

「キャンペーン用のWebサイトが急に必要になった」「不足してきたストレージを迅速に増設したい」といった、サービスの立ち上げやリソースの調達時のスピードでは、クラウドに軍配が上がります。

オンプレでは、サーバーなどのハードウェアを選定・購入し、自社内に設置…といった手間や時間、コストがかかりますが、クラウドなら予算さえ確保できていれば数クリックで必要なハードウェアやソフトウェアをスムーズに用意することが可能です。

拡張性-クラウドの柔軟性を活かして過剰な投資を回避

事業の成長や急激な利用増加などに対応できる拡張性・柔軟性という点でも、クラウドは圧倒的に有利です。数クリックでサーバー数を増やしたり、アクセス数に合わせてサーバーの処理能力を増強することができます。また、不要になれば手軽にサーバーリソースを縮退させることもできます。

オンプレでは事前に余裕を持ったハードウェア構成にして、一時的なアクセス数の増加に備えておくといった方針になりますが、状況によっては過剰設備になってしまう懸念があります。必要なときに必要なだけリソース調達できるクラウドであれば、過剰な投資のリスクは回避することができるのです。

可用性・耐障害性-自社での対策強化は高コスト、クラウド事業者の開示情報もチェック

クラウドとオンプレを一概に比較することが難しい項目ですが、一般的にオンプレで高い可用性や耐障害性を実現するためには、大きなコストが発生します。たとえば、オンプレでシステム停止を防ぐための対策には、サーバーを二重化しての冗長化構成などがありますが、単純計算で設備コストが二倍になり非常に高コストです。一方、クラウドでも同じように冗長化構成にすると、やはり二倍のランニングコストがかかります。ただし、ニフクラのように、事業者が独自にデータセンターの設備を冗長化構成にしている場合は、圧倒的にクラウドのほうがコストは安くなります。

耐障害性という意味では、クラウドは事業者のデータセンターがどのような障害対策を行っているか、その情報が開示されているかが重要です。オンプレに関しては、自社で障害が発生しないような対策を行う必要があります。クラウドサービスでは担保している可用性や耐障害性を事業者が提示していますので、自社が求めている信頼性と比較して判断する形になります。必要に応じて、システム構成を変更することもできるので、コストとのバランスをみて自社にあった内容を選択できます。

クラウドとオンプレいずれの場合でも、求める水準とそれを実現するための構成、そしてコストとのバランスを考える必要があるでしょう。

セキュリティ-最新のセキュリティを維持するための運用者の手間を考える

セキュリティの確保は、企業の永遠の課題ですが、オンプレの場合ではOSやソフトウェアのバージョンアップ、セキュリティパッチの適用などを自社の担当者が行う必要があります。

一方クラウドの場合は、クラウド事業者側で対応することが多い(※利用するサービスによって異なります)ので、担当者の負担を減らし常に最新のセキュリティ環境を維持できるというメリットがあります。

システム連携・カスタマイズ-オンプレミスの柔軟性が光る、クラウドも選択肢が日々充実

社外とのシステム連携が必要なケースでは、オンプレの方がスムーズに実現できることが多いでしょう。自社のサービスに合わせたカスタマイズも、一定のパターンで提供されているクラウドでは対応できないケースがあります。

しかし、クラウドサービスのメニューは日々、増加しています。現在、オンプレが有利なシステム連携やカスタマイズについても、早晩、クラウドが遜色のないサービスを提供できるようになると予想されます。

パフォーマンス・レイテンシー-クラウド利用時に注意すべき点

クラウドサービスは、基本的に他のユーザーとデータセンターのサーバー機器を共有して利用するために、同じ機器を利用する他のユーザーが極端に高負荷のかかる利用を行うと他の利用者のパフォーマンスが低下するリスクがあります。クラウド事業者によって、パフォーマンス低下を防ぐさまざまな運用上の工夫がなされていますが、そういったリスクを避けるためにオンプレや専有サーバーによるプライベートクラウドを選ぶ企業もあるようです。また、クラウドサービスはインターネットの経由による「レイテンシー(遅延)」が発生するため、オンプレと比較してパフォーマンスで劣る印象を受ける可能性があります。

これは、クラウドサービスを提供する拠点と利用する場所の地理的、ネットワーク的な距離が原因である場合が多いといわれています。できるだけ近い国内のデータセンターの「リージョン」を選んだほうが無難でしょう。しかしながら、単純な利用者の拠点からデータセンターまでの距離以前に、利用しているインターネット回線の速度も影響しますし、極端な例ではデータセンター内のネットワークの性能がボトルネックになっているケースもあるようです。無料のお試し期間などを利用して、求めるパフォーマンスが得られるかどうかを必ず確認しましょう。

基幹・業務系でも進むクラウド移行

ここまでさまざまな切り口でクラウドとオンプレの比較を見てきましたが、「クラウドファースト」という言葉が生まれたように、国内外を問わずクラウドのメリットを評価して導入する企業が増えており、金融、運輸、通販、製造、通信など、業種もあらゆる分野に及んでいます。

近年では、企業活動において特に重要度が高い基幹・業務系のシステムにクラウドを採用している企業も数多く見かけます。生産管理システム、販売管理システム、在庫管理システム、受発注管理システム、財務・会計システムなど、万が一システムが停止すると企業に重大な影響が出てしまう基幹・業務系システムですが、生産性向上や業務効率化と安定した運用を両立するためにクラウドの導入に舵をきっているようです。

「ハイブリッドクラウド」という“折衷案”も

クラウドのメリットを理解できていても、セキュリティ面をはじめ、導入に抵抗を感じるという企業の例も少なくありません。その場合は、「ハイブリッドクラウド」という選択肢もあります。ハイブリッドクラウドとは、クラウドサービスとオンプレを選択して組み合わせ、柔軟で最適なインフラ環境を構築・運用するという考え方です。

例としては、電子メールやグループウェアなどの情報系システムをクラウド化し、基幹・業務系はオンプレで運用して安定性・信頼性を確保するといった形が挙げられます。そして、段階的に運用ノウハウを蓄積した後、基幹・業務系もクラウド環境への移行が適していると判断すれば、そこで切り替えればいいのです。

クラウド利用を検討しているが、いまひとつ不安が払拭できないという場合は、ハイブリッドクラウドという選択肢も有力です。

「クラウド」という有力な選択肢

昨今、オンプレミスとクラウドの選択肢からクラウドが選ばれることが多くなったのも、数多くのメリットと日々の進化のスピードが評価されてのことでしょう。一度、自社のビジネスや利用しているシステムを見直して、クラウドのメリットを受けられると判断できた際には、積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能