本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

クラウド トップ>クラウドナビ>クラウド技術解説>“いいとこ取り”をするためのクラウド運用方法 ── 「ハイブリッドクラウド」を考える

“いいとこ取り”をするためのクラウド運用方法 ── 「ハイブリッドクラウド」を考える

「クラウドファースト」という言葉も目新しくなくなりました。

たしかにクラウドに移行すれば多くのメリットがありますが、すべての課題に対してクラウドへの移行が常に最適解とは限りません。企業としてのセキュリティポリシー的に、どうしても全面的なパブリッククラウドへの移行が難しいケースもありますし、そもそもクラウド移行そのものが目的化するのは本末転倒です。

以前は“全面的なクラウド移行ができない場合の妥協案”という側面もあった「ハイブリッドクラウド」ですが、最近は“運用形態の1つ”としてとらえられるようになってきました。

クラウド運用形態の選択肢の1つとして、ハイブリッドクラウドを考えてみます。

さまざまな組み合わせが考えられる「ハイブリッド」

マルチクラウドとはどのような運用形態か?

「ハイブリッド(hybrid)」のもともとの意味は、「異なる種類を掛け合わせたもの」です。ガソリンエンジンとエネルギーバッテリーの2つの動力源を持つハイブリッドカーなどは、なじみがある方も多いと思います。

では、クラウドにおけるハイブリッドとは、何と何を組みあわせているのでしょうか?

実はハイブリッドクラウドには明確な定義はなく、例えば

  • オンプレミスとパブリッククラウドの組み合わせ
  • パブリッククラウドとプライベートクラウドの組み合わせ
  • オンプレミスとプライベートクラウドの組み合わせ

といったパターンのほか、さらにはプライベートクラウドにもオンプレミス型とホスティング型があるので、組み合わせはさまざまです。

ここでは代表的なハイブリッドクラウドとして、「オンプレミスとパブリッククラウドの組み合わせ」に関するメリットなどを見ていくことにします。

ハイブリッドクラウドはどこで活用されているのか?

まず、ハイブリッドクラウドの導入を検討した場合、何をオンプレミスで運用し、どのシステムをパブリッククラウドに移行するのが効果的なのでしょうか?

基幹系システムをオンプレミス、情報系システムをクラウドで運用

代表的な例としては、「基幹系システムをオンプレミス、情報系システムをクラウドで運用する」といった選択パターンで、実際にクラウドへの移行ステップの1つとして、多く提案されてきた運用形態でもあります。

重要・機密データを取り扱う基幹系システムや認証系システムには、高い可用性やセキュリティが求められるため、しっかりとコントロールできるオンプレミス環境に置き、情報系システムなどでクラウドの有効性を活用し、お互いをシームレスに連携させます。

俊敏性・柔軟性をクラウド、堅牢性・安全性はオンプレミスと切り分け

もう1つの例は、「開発環境などスピードが重要な業務をクラウドに移行、基幹システムなどはオンプレミスのまま運用する」というスタイルで、こちらはもっとも効果が見込みやすい部門からクラウドを導入する方法と言えます。

押さえておきたいハイブリッドクラウドの注意点

いいところばかりのようなハイブリッドクラウドですが、導入にあたっては注意すべき点もいくつかあります。

システムを併用するための知識・ノウハウが必要

ハイブリッドクラウドを導入する際は、オンプレミスだけではなく、新たにパブリッククラウドの知識と運用ノウハウが必要となります。

特に両方を併用するためには、セキュリティやネットワークの設定・運用のノウハウなどがないと、トラブル対処に苦労する場面が出てくるかもしれません。

システム構成が複雑になりやすい

2種類のシステムを組み合わせるため、システムが複雑になりやすい傾向があります。そのため、コスト評価が難しくなる点にも注意しておきたいところです。

例えば部分最適を求めるあまり、トータルでは導入以前よりコストが増加するといった事態も生じる可能性があります。導入コストだけでなく、運用コストも考慮し、いかにパフォーマンスとコストを両立させるかを検証する必要があります。

ハイブリッドクラウドの導入・運用に限りませんが、技術力があり信頼できるパートナー企業のサポートを利用しながら、システム全体の最適化を図っていくことも選択肢として考えておきましょう。

“適材適所”でハイブリッドクラウドを活用する

オンプレミスとパブリッククラウドの「いいとこどり」ができるハイブリッドクラウドですが、先ほど指摘したように運用面やコストの最適化などで判断が難しい面も存在します。

そこで、より最適な環境とコストパフォーマンスを実現するには、例えば、

  • 費用対効果が高い情報系システム
  • 開発速度が重要な開発部門
  • 負荷変動の大きいECシステム

など、目的に応じた組み合わせを考え、パブリッククラウドを導入していくことが基本になります。

最新のハイブリッドクラウド事情を理解する

最終的には全面的にクラウドへの移行を検討していても、一度にすべてをクラウド化することは難しい面もあるので、段階的に移行するためハイブリッドクラウド環境を利用するというのが一般的な流れです。

そうした中、最近のハイブリッドクラウド事情として話題になっているのが、VMwareで仮想化されたオンプレミスとプライベートクラウドやパブリッククラウドをシームレスに併用できる統合ハイブリッドクラウドプラットフォーム「VMware Cloud Foundation」の登場です。

これはVMware社が提供しているものですが、多くのクラウドベンダーのパブリッククラウドが対応を表明しており、これによって先の例で挙げたようなハイブリッドクラウド運用の手間が劇的に軽減されると言われています。

クラウド導入時は導入効果を明確にし、長期的な視点に立った拡張可能な設計などを考慮したロードマップが必要です。その場合、もっともニーズの高いシステム、もっともコスト削減が期待できるシステムなど、クラウド移行へのステップとしてもハイブリッドクラウドは有効な方法となりうるでしょう。

クラウド事業者が提案するクラウド利用形態にも、恒久的な運用方法としてハイブリッドクラウドが提案される例も増えてきました。クラウド活用の選択肢として、検討してみてはいかがでしょうか。

クラウド移行のポイントを徹底解説無料ebookをダウンロード

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能