本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

クラウド トップ>クラウドナビ>クラウド技術解説>オンプレミスからの脱却! クラウド移行の検討前に解決しておくべき課題とは?

オンプレミスからの脱却! クラウド移行の検討前に解決しておくべき課題とは?

企業がシステムやWEBサイト構築・運用を行うIT基盤として、クラウドが登場する以前はオンプレミスのサーバーか外部のハウジングやレンタルサーバーを利用するのが一般的でした。

近年は、クラウドサービスが普及してきたこともあり、従来ではオンプレミスのサーバーしか選択肢が無かったような用途にもクラウドを利用するケースが増加しています。また、オンプレミスのサーバーを更新するタイミングで、次もオンプレにするかクラウドにするかといった検討がなされることが多いようです。

では、実際に自社がオンプレからクラウドへ移行することを選択した場合に、どのような課題があるのかを考えてみます。

拡大するクラウド活用 ── そのメリットとデメリットを再確認する

拡大するクラウド活用??そのメリットとデメリットを再確認する

ひとくちに「クラウド」といっても、さまざまなサービスの形態があり、それぞれメリットやデメリットがあります。

各サービスを適切に評価するためには、クラウドで何をしたいのか、を明確にしておかなければなりません。売上の増大なのか、業務コストの削減なのか、顧客サービスの向上なのか。単に現状のオンプレミスでの運用をクラウドに移行したからといって、ITコストの削減や業務の効率化にはつながらない場合もあります。

投資コストを抑えながら、いち早く最新技術を利用したい。短期間で新しいサービスを開始したい。グローバル展開の迅速化・低コスト化を実現したい。これらのクラウドが得意な分野を活かさなければ、十分な投資対効果を得ることはできません。

自社システムのどの部分をクラウド化することによって、ビジネスを強化できるのか、業務コストを削減できるのかを、クラウドのメリットと合わせて確認しておくことが、最初の一歩になります。

クラウドのメリットについては、以下の記事も参考にしてみてください。

クラウド移行を検討する際の4つのチェックポイント

クラウド導入に十分なメリットがあることを確認できれば、次はクラウド移行にあたっての課題を洗い出す必要があります。

ここでは、システム要件、ネットワーク、パフォーマンス、移行方法の4つのチェックポイントについて解説します。

クラウドへ移行させる要件の整理

多彩なサービスが提供されているクラウドサービスですが、現在自社で行っているビジネスをすべてクラウドで実現できるとも限りません。

例えば、自社業務に特化したシステムでクラウドへの移行が難しい場合にはオンプレミスのままで運用し、それ以外の一般的な業務システムはクラウドに移行するといった選択肢もあります。

また、自社向けのシステムの開発基盤としてクラウドを導入することで少しずつクラウドのメリットを取り入れていくこともできるでしょう。

ネットワークのセキュリティは十分か

クラウド導入を検討する際に不安に感じる項目で必ず上位に上がるのがセキュリティです。

しかし、インターネットVPNや閉域網接続などによる安全なアクセスや、外部からの脅威に対する対策なども、通常オンプレミスで適用されるレベルと同等か、それ以上のレベルで実現されています。

むしろ、手間が掛かり専門性も求められるセキュリティの維持を、ある程度までクラウド事業者側に任せることで、運用管理の負担を減らすことができるでしょう。

また、サービスによっては自社が求めるセキュリティ要件を管理画面上から比較的簡単に設定/変更さらに複製することができる利点もクラウドを検討する際の材料になります。

必要なパフォーマンスを得られるか

「クラウド」といった場合、多くの場合はリソースを共有する「パブリッククラウド」のイメージを浮かべる方が多いのではないでしょうか。

パブリッククラウドでは、複数のユーザーがサーバーを共有するため、アクセスの集中などが原因でパフォーマンスが低下するリスクも考えられます。これを回避するためには、専有クラウドやプライベートクラウドを導入する方法もあります。

パフォーマンスの安定性をどれだけ要求していくか、パフォーマンス低下の可能性や影響がどれだけあるのかを確認した上で利用形態を検討していきましょう。

スムーズな移行が可能か

現在利用している環境からスムーズに移行できるかどうかも検討時から意識しておく必要があります。

一例として、オンプレで利用している仮想環境をクラウドに移行したいといったケースでは、仮想マシンを移行する際には、現環境とクラウド環境での違いを考慮してディスクやネットワーク構成を修正する必要がある場合もあります。

仮想化ソフトのベンダーからは移行ツールなども提供されています。また、企業向け仮想化ソフトで大きなシェアを持つVMware環境の移行ソリューションを提供するクラウド事業者も海外クラウドベンダーを中心に登場しており、仮想化オンプレからクラウド移行は活性化しているといえるでしょう。ニフクラの例では既存のVMware環境をそのまま移行できるVMインポートディスク受取サービスを提供しています。

効率的な移行を実現するには専門家の活用も手

クラウドへ移行する際には、さまざまな課題が発生します。中には特殊なケースもあり、移行の際には技術的な知見が必要になることも多いでしょう。

そこで利用したいのが、オンプレミスからのクラウド移行の実績が豊富なパートナー(SIer)や、豊富なノウハウや事例を持っているクラウド事業者です。自社に必要な要件やスムーズで効率的な移行など、専門家の視点から見ることで最適な解が見つかることもあるので、まずは相談からスタートしてみるのも手でしょう。

クラウド移行のポイントを徹底解説無料ebookをダウンロード

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能