本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

クラウド トップ>クラウドナビ>クラウド初心者向け>SaaS,IaaS,PaaSの違いを整理して、クラウドサービスの特徴を知ろう

SaaS,IaaS,PaaSの違いを整理して、クラウドサービスの特徴を知ろう

クラウドサービスは提供形態によっていくつかのタイプがあり、実際に利用する際には、自社に必要な機能を実現するために適切なタイプを選択する必要があります。

ここでは、クラウドサービスの種類と特徴について解説します。

SaaS, IaaS, PaaS…それぞれのクラウドサービスの違いはなに?

SaaS, IaaS, PaaS…それぞれのクラウドサービスの違いはなに?

クラウドにはユーザーが利用するサービスの構成要素(クラウド事業者が提供する範囲)によって、大きく次の3つに分類されます。

  • SaaS(サース)
  • PaaS(パース)
  • IaaS(イアース)

いずれの名称もクラウドサービスの関連情報を調べていると、よく目にすると思います。しかし、具体的に何がどう違って、どのような特徴があるかまでは、よく知らないという方もいるでしょう。

たとえばパソコンを使う場合、必要になるのは(1)パソコン本体、(2)WindowsやMac OSなどのオペレーションソフト、そして(3) Officeソフトなどのアプリケーションです。

この3つの階層(レイヤー)の考え方はクラウドサービスでもよく似ていて、各々のサービスがどのレイヤーまで提供しているかによって、SaaS,PaaS,IaaSと名称が異なります。それぞれの特徴について順番に見ていきましょう。

インターネット経由でアプリケーションを提供するSaaS

SaaSとは?

SaaSは「Software as a Service」の略で、従来はパッケージとして提供されていたアプリケーションをインターネット上で利用する提供形態です。エンドユーザーにとっては、このSaaSが一番なじみのあるクラウドサービスかもしれません。端末にアプリケーションをインストールすることなく、必要なサービスをインターネット経由で手軽に利用することができます。

SaaSの代表的なサービス

現在ではさまざまな内容のサービスが数え切れないほどSaaSとして公開されていますが、代表的な例としては以下のようなものがあります。中にはご自身がエンドユーザーとして利用したサービスもあるのではないでしょうか。

  • Microsoft Office 365などのオフィスソフト
  • GmailなどのWebメール
  • Dropboxなどのオンラインストレージ
  • サイボウズなどのグループウェア
SaaSのメリットとデメリット

インターネットを経由してサービスを利用するSaaSでは、複数の端末から同じアカウントでアプリケーションを利用することができ、1つのデータを複数のユーザーが閲覧・編集することも簡単です。端末にはデータが保存されないので紛失・盗難時の情報漏えいリスクを抑えることができ、さらにはアップデートも自動で行われるためセキュリティも常に最新に保つことができます。

しかし、 その一方でインターネットに接続できないとサービス自体が利用できなかったり、使いにくい場合があるのがSaaSの欠点です。また、完成されたサービスを利用する形式なので、機能追加などのカスタマイズへの対応が難しく、自社に合わせたサービスを提供してほしいという要望が叶いにくい面もあります。加えて、データがクラウド上という“外部”に置かれることになるため、データ損失などの不安を感じるという方もいるようです。

インターネット経由でサーバーやネットワークなどを利用するIaaS

IaaSとは?

IaaSは、「Infrastructure as a Service」の略で、「イアース」や「アイアース」と読まれることもあります。アプリケーションを利用する環境も含めて一括で提供するSaaSとは異なり、IaaSはサーバーやストレージ、ネットワークなどのハードウェアやインフラまでを提供するサービスです。

IaaSの代表的なサービス

現在提供されている代表的なIaaSのサービスには以下のようなものがあります。一般のエンドユーザーが意識することはほとんどありませんが、情報システム部門の方にとっては気になる対象ではないでしょうか。

  • Googleインフラストラクチャ上で仮想マシンを作成できるGoogle Compute Engine
  • 仮想化サーバーのリソースをレンタルできるAmazon Elastic Compute Cloud
IaaSのメリットとデメリット

サーバーやストレージなど提供するサービスと聞いて、ホスティングサービスを思い起こす人もいるかもしれません。ホスティングと比較した場合、IaaSはCPUやメモリ、ストレージなどのスペックを自由に選択でき、スケールアップにも柔軟に対応できる点で優れています。自社に必要なシステム環境を自由に設計でき、料金も構成したスペックに応じて利用した分だけを支払う形なので、コストも安くなるケースが多いです。

このように自由度が高い反面、利用する際にはインフラ設計やサーバー管理・運用のスキルが求められ、専門知識を持つエンジニアがいないとサービスを持て余してしまうかもしれません。

インターネット経由で開発環境を利用するPaaS

PaaSとは?

サービス対象が広範なSaaSや汎用用途であるIaaSと異なり、システム開発領域をターゲットにしているサービスがPaaSです。「Platform as a Service」の略で、「パース」と呼ばれています。

「開発環境を提供する」、「プラットフォームを用意する」など一般ユーザーには聞き慣れない言葉で説明されることが多いPaaSですが、システム開発に必要なアプリケーションとOSをつなぐミドルウェアやデータベース管理システム、プログラミング言語、WebサーバーOSなどといったソフトウェア一式を提供してくれます。

PaaSの代表的なサービス

現在提供されているPaaSのサービスには次のようなものがあります。エンドユーザーにはなじみが薄いものばかりですが、システム開発や運用管理をされている方ならば、すでにチェックしているものもあるかもしれません。

  • 各種プログラミング言語を使用してWebアプリの開発・公開が可能なGoogle App Engine
  • アプリケーションのビルド、デプロイ、管理までを包括して提供するMicrosoft Azure
  • ビジネスアプリケーションを開発・運用するための統合ツールであるForce.com
PaaSのメリットとデメリット

ブログやWebサイトを公開したことがある人なら、レンタルサーバーを利用した際に、PHP やMySQLといったプログラミング言語やデータベース管理システムも合わせて提供されたという経験があるかもしれません。PaaSは、開発で必要になるこれらの言語や管理システム、OSといった基盤や開発ツールをすべて提供してくれるため、複雑で面倒な開発環境を整える手間がなくなり、システム開発に集中できるようになるのです。

一方で利用できる開発言語やデータベースはPaaSが提供しているものに限られるため、自由に開発環境を構築することができないというデメリットもあります。

最適なクラウドサービスを選択するためには

SaaS, IaaS, PaaSの中からどの形式のサービスを選べばよいか迷った時には、どのような目的でサービスを利用したいのか、サービスに対してどの程度の自由度を求めるのか、それによって選ぶべきサービスが見えてきます。

手軽に便利なアプリケーションを利用したいならSaaS、短期間で新しいサービスを開発してリリースしたいならPaaS、サーバーなどの構成やコスト、セキュリティなどを見直したいならIaaSといったように、クラウドサービスの導入にあたっては、利用する目的や解決したい課題を明確にしておくことで、最適なクラウドサービスを導入することができるでしょう。

クラウド移行のポイントを徹底解説無料ebookをダウンロード

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能