本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

クラウドサービスとは? 知っておきたいポイント

クラウドやクラウドサービスという言葉も一般的なものになりましたが、どんなものかと問われると、なんとなく知っている程度という方も多いのではないでしょうか?

ここでは、クラウドサービスの押さえておきたいポイントについて説明していきます。

そもそもクラウドサービスとはどんなものなのか?

クラウドってなに?

クラウドは「クラウドコンピューティング」とも言い、ユーザーがインターネットなどのネットワークを通じてITリソース(コンピューター資源など)を利用するサービス形態のことを指します。

AT用語に雲を意味するクラウドという言葉が使われるようになった理由には諸説ありますが、技術者たちがインターネットサービスの概念図で、どこにあるか存在を意識しない対象を表現するのに雲の絵を使っていたことからクラウドという呼び名ができたと言われています。

これまではメールの利用やデータの保存といった作業は、パソコンなどのデバイスに必要なアプリケーションをインストールし、ハードディスクに保存しながら利用するのが一般的でした。

一方、クラウドサービスでは、パソコンやタブレット、スマートフォンといった端末ではなく、インターネット上にさまざまなITリソースが用意されていて、それをオンデマンドで利用することができます。ユーザーは、いつでもどこでもインターネット上から自由にアクセスができて、必要に応じて必要な分だけサービスを利用することができるのです。

クラウドサービスの種類にはどのようなものがあるのか

クラウドサービスは利用形態によって「SaaS」、「PaaS」、「IaaS」という3つに分けられ、契約形態によっては「パブリッククラウド」や「プライベートクラウド」などに分類されます。

「SaaS」とは

SaaSは、基本的に従来のASP(Application Service Provider)と同じもので、利用者はパソコンにソフトウェアをインストールすることなく、インターネット上からサービスを利用することができます。

「PaaS」とは

PaaSは、アプリケーションの開発環境や実行環境をクラウドで提供するサービスで、スマートフォン向けアプリやWebアプリケーションなどを開発するための開発基盤やツールがまとめて用意されています。

「IaaS」とは

ネットワーク経由でシステムのインフラを提供するサービスのことです。サーバーやストレージ、ネットワーク機器などを、ユーザーが必要なときに必要なだけ、オンデマンドで仮想的に構築することが可能です。

「プライベートクラウド」とは

自社内、またはグループ企業など、閉じられたネットワークの中で特定のユーザーのみに標準化されたコンピュータリソースやアプリケーションなどをクラウドで提供する形態のことを指します。

「パブリッククラウド」とは

さまざまな企業や組織、個人などが、インターネットを介して不特定多数のユーザー間でリソースを共有する形態のクラウドのことを指し、プライベートクラウドの対比する形態です。

クラウドを活用することで仕事がどう変わるのか

Webメールやオンラインストレージといった利用方法だけでなく、情報資産の管理などを目的にクラウドを導入する企業が増えてきていますが、実際にクラウドを活用することでどのようなメリットを得られるのでしょうか。

イニシャルコストを軽減してIT投資を効率化

多大なイニシャルコストが障壁となってIT資産への投資を後回しにしていたようなケースでも、初期投資の負担が少なく従量課金形態のクラウドサービスであれば、スムーズな導入を達成しながら発生するコストも計画的に把握しながら運用することができます。

新たにサーバーやソフトウェアを購入する必要がない

クラウドでは、サーバーやソフトウェアは所有ではなく利用するという形が基本になるので、購入費をはじめとした固定コストを抑えられます。またサーバーやソフトを固定資産として計算する必要がないため減価償却も不要です。

システム導入・移行がスピーディー

これまで新システムの導入や既存システムからの移行のためには、サーバーを購入するために詳細な仕様策定や費用の見積もりを行うなどの多大な工数が生じていました。クラウドサービスを利用すれば、検討・導入段階における担当者の労力を抑えつつ、スピーディーな導入が可能です。

維持管理コストを軽減しつつ安全な運用が可能に

サーバーやシステムを自社で保有している場合、ソフトウェア更新やリソースの追加、セキュリティ対策といったメンテナンスや保守管理にも工数が必要ですが、クラウドサービスなら事業者側が一括で管理・対応してくれることが一般的です。人的リソースや管理コストを削減しつつ、常に最新の環境でセキュアにサービスを利用することができます。

クラウドを活用すればこんなことができる

さまざまなメリットがあるクラウドサービスですが、ビジネスシーンでも大いに活躍してくれます。

まず、クラウドはいつでもどこからでもアクセスが可能なので、外出中でもデータにアクセスでき顧客対応も滞りなく行うことが可能です。ノートパソコンやスマートフォン、タブレットなど、端末を選ばずにシーンに合わせて活用することができるでしょう。いわゆる「働き方改革」を実現するためにも欠かせないものだといわれています。

また、クラウド上のストレージサービスにバックアップの設定をしておけば、パソコン内のファイルとクラウドストレージ内のファイルを同期できます。万が一パソコンやハードウェアが故障しても、データの消失を防ぐことができるでしょう。

共通のデータを複数の端末やユーザーで取り扱う場合も、サーバー上で一元的に管理されるので同期を意識する必要がありません。社員のスケジュールや顧客のデータベースなどをクラウドで管理をしておけば、社外からでも好きな端末から参照できるため、業務連携や営業活動の効率アップにつながります。

クラウドサービスの可能性

現在では、システムの構築や移行などの際にクラウド利用を第一に検討する「クラウドファースト」という考え方や、クラウド利用を前提に利点を最大限に発揮できるようシステムを構築する「クラウドネイティブ」という考え方が広がっています。

コストパフォーマンスの高さや、高度なIT人材を確保する難しさ、システム担当者の負担軽減といった側面からも、今後もクラウドの必要性は高まっていくと考えられます。

徐々に広がりを見せている「IoT」を利用する上でも、デバイス間や通信網のセキュリティ保護は重要で、セキュアな通信サービスの保証にクラウドサービスの選択肢は外せませんし、データ活用という側面でもクラウドは無くてはならないものです。

また、BCP対策としてもクラウドを活用することで、自然災害などによる火災や倒壊でのデータ損失の備えとなり、事業継続においても万全の体制を取ることができるでしょう。

クラウドファースト、クラウドネイティブが進んでいく中、あらゆるデータがシームレスに共有されることが想定され、産業特化型のクラウドサービスも展開されていくことが予想されます。クラウドが浸透して当たり前に利用するシステムとなりつつある今、インターネット=クラウドという認識になる日も近いのかもしれません。

クラウド移行のポイントを徹底解説無料ebookをダウンロード

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00〜17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能