本文へジャンプします。

ニフティクラウド ヘルプ

クラウド トップ>ヘルプ>ネットワーク>ルーター:NATテーブル作成

ルーター:NATテーブル作成

※ソフトウエアVPNを設定しているお客様で、お客様側のネットワークが10.0.0.0/8の場合、NAT機能を併用すると正常に通信できないことがあります。

NATテーブルを新規に作成します。

左メニューの「NATテーブル」をクリックするとルートテーブルの一覧が表示されます。

「NATテーブル作成」ボタンをクリックすると、「NATテーブル作成」のダイアログが表示されます。

NATテーブル作成のダイアログ

SNATルールとDNATルールの「追加」ボタンをクリックし、ルールを追加します。

NATテーブル作成のダイアログ

SNATルール ルーターを通るパケットの送信元IPアドレスを変換します。
優先順 ルールの優先順位を入力します。
プロトコル プロトコルを選択します。ポート指定を行いたい場合はTCPまたはUDPを選択します。
送信元IPアドレス SNAT対象の送信元IPアドレスを入力します。
送信元ポート プロトコルでTCPまたはUDPを選択した場合に、SNAT対象の送信元ポート番号を入力します。
アウトバウンドネットワーク アウトバウンドネットワークを選択します。
変換後ポート プロトコルでTCPまたはUDPを選択した場合に、変換後のポート番号を入力します。
メモ メモを入力します。
削除 ルールを削除します。
DNATルール ルーターを通るパケットの送信先IPアドレスを変換します。
優先順 ルールの優先順位を入力します。
プロトコル プロトコルを選択します。ポート指定を行いたい場合はTCPまたはUDPを選択します。
インバウンドネットワーク インバウンドネットワークを選択します。
送信元ポート プロトコルでTCPまたはUDPを選択した場合に、DNAT対象の送信元ポート番号を入力します。
変換後IPアドレス 変換後のIPアドレスを入力します。
変換後ポート プロトコルでTCPまたはUDPを選択した場合に、変換後のポート番号を入力します。
メモ メモを入力します。
削除 ルールを削除します。

ニフティクラウド サイト内検索

ヘルプメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上