本文へジャンプします。

ニフティクラウド ヘルプ

クラウド トップ>ヘルプ>ネットワーク>マルチロードバランサーの設定変更

マルチロードバランサーの設定変更

マルチロードバランサーの設定変更を行います。

マルチロードバランサー一覧から、変更したいマルチロードバランサーを選択し、「選択したマルチロードバランサーの操作」のプルダウンから、「設定変更」を選択します。

マルチロードバランサーの設定変更

基本設定を行い「オプション設定へ」ボタンをクリックします。

基本設定

マルチロードバランサー名 作成するマルチロードバランサーに名前を付けます。
最大ネットワーク流量 必要なネットワーク流量を設定します。
選択できる流量については、以下のページをご覧ください。
翌月からの料金プラン 作成するマルチロードバランサーに適用する料金プランを選択します。
メモ 作成するマルチロードバランサーにメモをつけます。
ロードバランス方式 ロードバランス方式を以下の2種類から選択します。
Round-Robin 順番に振り分けを行う。
Least-Connection 接続数が少ないサーバーに振り分けを行う。
ポート設定 マルチロードバランサーの待ち受けポートとサーバー側の宛先ポートを指定します。
「プロトコル」のプルダウンから、ロードバランス対象のプロトコル(HTTP/HTTPS/FTP)を選択してください。
選択すると、「待ち受けポート」と「宛先ポート」の欄に、そのプロトコルにて使用される一般的なポート番号が自動でセットされます。
ポートを独自に指定したい場合は、「プロトコル」のプルダウンから「カスタム」を選択し、「待ち受けポート」「宛先ポート」それぞれの欄に、ポート番号を入力してください。
  • ※複数のポートを定義したい場合は、マルチロードバランサーの設定変更後「チェックしたマルチロードバランサーの操作」から、「ポートの追加」を行ってください。
PINGプロトコル ヘルスチェックに使用するPING通信のプロトコルを以下の3種類から選択します。
ICMP ICMPによるPING でヘルスチェックを行う。
TCP 宛先ポートへのPINGでヘルスチェックを行う。
HTTP 宛先ポートへのHTTPアクセスでヘルスチェックを行う。
ヘルスチェック間隔 PING通信を行う間隔を指定します。
チェック閾値 PING通信に、連続して何回失敗したら「サーバー異常」と判断しサーバーを切り離すかを指定します。

必要に応じて、オプションの設定を行い、「確認へ」ボタンをクリックします。

オプション設定

SSLアクセラレーター HTTPS通信の復号をマルチロードバランサーで行います。
サーバー側には、復号化されたデータが送られるので、HTTPで待ち受ける必要があります。
あらかじめ、「SSL証明書」から証明書を作成しておく必要があります。
  • ※アップロードした証明書は使用できません。
  • ※数量を「無制限」として作成した証明書以外は使用できません。
セッション固定 (Sticky Session) ソースIPアドレスを元に一度振り分けたセッションをサーバーに固定化することができます。
セッション固定方法 セッションの固定方法を選択します。
セッション保持時間 セッションの保持時間を入力します。
Sorryページ すべてのサーバーのヘルスチェックが確認できなくなった場合に、混雑メッセージを表示します。
HTTPプロトコルでの通信のみ有効です。
Sorryページリダイレクト先URL リダイレクトして表示するSorryページのURLを入力します。

内容を確認し、「変更する」ボタンをクリックすると、マルチロードバランサーの変更処理が始まります。

変更

ニフティクラウド サイト内検索

ヘルプメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上