本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

NAS:NAS作成

ニフクラNASの最も基本的な構成要素はNASです。
作成したNASファイアウォールグループ内に、下記も設定でNASを作成してみましょう。

プロトコル NFS 高速タイプ
NAS名 mynasinstance
ディスク容量 1TB

NAS作成手順

ニフクラNASを表示します。

左メニューから「NAS」を選択します。NASの一覧が表示されます。

NASの一覧表示の図

左上の「NAS作成」をクリックします。ダイアログが立ち上がり、「01 プロトコル選択」タブが表示されます。

「01 プロトコル選択」タブ表示の図

利用可能なプロトコルの一覧から「NFS 高速タイプ」を選択します。

「02 基本設定」タブで基本設定情報を入力します。下記を参考に入力してください。
入力が終わったら「確認へ」ボタンをクリックします。

基本設定情報入力の図

NAS名 リージョン内で一意なNASを表す名前です。プロトコル名やリージョン名などを含むわかりやすい名前にすることをおすすめします。
ここではmynasinstanceと入力します。
メモ NASに対するメモを設定します。NASの用途などをメモしておくことができます。
ゾーン NASを作成するゾーンを現在のリージョンで利用可能なものからしていできます。
NAS容量 NASのディスク容量を選択できます。ここでは1TBを選択します。
NASファイアウォールグループ名 NASに適用するNASファイアウォールグループを選択します。ここでは上記で作成したNASファイアウォールグループを選択します。
プライベート側ネットワーク NASをプライベートLANに所属させる場合、プライベートLANを指定します。
マスターユーザー名 プロトコル「CIFS」で作成する場合、CIFSユーザーのマスターユーザー名を入力します。
マスターユーザーパスワード プロトコル「CIFS」で作成する場合、CIFSユーザーのパスワードを入力します。

「03 確認」タブで入力した内容を確認します。
修正が必要であれば、「戻る」ボタンをクリックすることで前のタブに戻ることができます。

入力した内容の確認 図

「03 確認」タブの下記に表示されている料金を確認します。問題がなければ「作成する」するボタンをクリックします。

ダイアログが閉じ、NAS一覧に新しいNASが表示されます。
NASのステータスが「作成中」から「稼働中」に変化すれば、NASに接続することが可能になります。
ディスク容量によっては、NASが「稼働中」となるまでに時間のかかる場合があります。

推奨画面サイズ 1024×768 以上