本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

NAS:NASの作成

プロトコル「NFS 高速タイプ」で作成する場合を例とします。

コントロールパネル

ニフクラNASを表示します。

右上の「リージョン選択メニュー」からNASを作成するリージョンを選択します。

左メニューの「NAS」をクリックします。

「NAS作成」ボタンをクリックします。
「NAS作成」ダイアログが立ち上がり、「01 プロトコル選択」タブが表示されます。

「01 プロトコル選択」タブで「NFS 高速タイプ」を選択します。

「02 基本設定」タブでNASの基本設定を入力し、「確認へ」ボタンをクリックします。

NAS名 NASの名前を入力します。リージョン内で一意である必要があります。
メモ NASに対するメモを設定します。
ゾーン NASが作成されるゾーンを選択します。
NAS容量 ディスクの容量を選択します。
NASファイアウォールグループ名 NASに適用するNASファイアウォールグループを選択します。
プライベート側ネットワーク NASをプライベートLANに所属させる場合、プライベートLANを指定します。
マスターユーザー名 プロトコル「CIFS」で作成する場合、CIFSユーザーのマスターユーザー名を入力します。
マスターユーザーパスワード プロトコル「CIFS」で作成する場合、CIFSユーザーのパスワードを入力します。
  • ※プライベートLANを選択した場合、以下の項目が表示されます。
NASのプライベートIPアドレス NASのプライベートIPアドレスを入力します。

「03 確認」タブで入力した内容およびNAS作成に必要な料金を確認します。
修正をおこないたい場合は「戻る」ボタンか各タブ見出しのリンクで該当のタブへ移動してください。

「作成する」をクリックします。
ダイアログが消え、NAS一覧に作成したNASが表示されます。

NAS一覧画面でNAS作成が完了するまで待ちます。
NASの作成中はステータスに「作成中」と表示されます。
NASの作成が完了するとステータスが「稼働中」となり、グルーバル・プライベートの両IPアドレスが表示されて接続可能な状態になります。

API

下記パラメーターを指定し、CreateNASInstance APIを実行します。

AllocatedStorage = 1000
AvailabilityZone = east-13
NASInstanceIdentifier = mynasinstance
NASInstanceDescription = myNASServer
NASSecurityGroups.member.1 = mynassecuritygroup
Protocol = nfs
https://nas.jp-east-1.api.cloud.nifty.com/
    ?Action=CreateNASInstance
    &AllocatedStorage=1000
    &AvailabilityZone=east-13
    &NASInstanceIdentifier=mynasinstance
    &NASInstanceDescription = myNASServer
    &NASSecurityGroups.member.1=mynassecuritygroup
    &Protocol=nfs
    &SignatureVersion=2
    &SignatureMethod=HmacSHA256
    &Timestamp=2016-02-24T00%3A00%3A00.000Z
    &AWSAccessKeyId=<Nifty Cloud Access Key ID>
    &Signature=<Signature>

推奨画面サイズ 1024×768 以上