本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

NAS:NASの認証設定変更

コントロールパネル

ニフクラNASを表示します。

左メニューの「NAS」をクリックします。

対象NASのチェックボックスを選択します。

「選択したNASの操作」ドロップダウンメニューから「認証設定変更」を選択します。
「NAS認証設定変更」ダイアログが立ち上がります。

「認証タイプ」で「Directory Service認証」、「管理者名」に連携したいActiveDirectoryのドメイン管理者、「管理者パスワード」に連携したいActiveDirectoryのドメイン管理者パスワードを入力し、ドメイン名およびにドメインコントローラに連携したいActiveDirectoryの情報を入力します。

  • ※ホスト名はドメインを含めずに入力してください。

「変更する」をクリックします。
ダイアログが消え、NASの一覧が表示されます。

NAS一覧画面でNAS設定変更が完了するまで待ちます。
NASのステータスは「設定変更中」と表示されます。
NASのステータスが「稼働中」となれば、設定変更は完了です。

API

下記パラメータを指定し、ModifyNASInstance APIを実行します。

NASInstanceIdentifier = mynasinstance
NetworkId = net-COMMON_PRIVATE
AuthenticationType = 1
DirectoryServiceDomainName = niftynas.ad
DirectoryServiceAdministratorName = XXXXXXXXX
DirectoryServiceAdministratorPassword = XXXXXXXXX
DomainControllers.member.1.Hostname = niftynasdc01
DomainControllers.member.1.IPAddress = XXX.XXX.XXX.XXX
https://nas.jp-east-1.api.cloud.nifty.com/
    ?Action=ModifyNASInstance
    &NASInstanceIdentifier = mynasinstance
    &NetworkId = net-COMMON_PRIVATE
    &AuthenticationType = 1
    &DirectoryServiceDomainName = niftynas.ad
    &DirectoryServiceAdministratorName = XXXXXXXXX
    &DirectoryServiceAdministratorPassword = XXXXXXXXX
    &DomainControllers.member.1.Hostname = niftynasdc01
    &DomainControllers.member.1.IPAddress = XXX.XXX.XXX.XXX
    &SignatureVersion=2
    &SignatureMethod=HmacSHA256
    &Timestamp=2016-02-24T00%3A00%3A00.000Z
    &AWSAccessKeyId=<Nifty Cloud Access Key ID>
    &Signature=<Signature>

推奨画面サイズ 1024×768 以上