本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>IoTデバイスハブ>RDBスマートモジュールを利用する

RDBスマートモジュールを利用する

このページではRDBスマートモジュールを利用して、イベントデータをRDBに蓄積する方法について解説していきます。

事前準備

事前に DB サーバーを作成しておきます。

手順については、クラウドヘルプ(RDB:DBサーバーの作成)をご参照ください。

MySQL 5.5 または 5.6 の DB サーバーを作成します。
DB ファイアウォールグループの設定で、164.70.6.130, 164.70.6.131を許可しておきます。
作成した DB サーバーの「名前、リージョン、ゾーン、DB 名、ユーザー名、パスワード」をメモしておきます。

RDBスマートモジュールを作成する

IoTデバイスハブのダッシュボードを開き、プロジェクトの「スマートモジュール」を選択します。

IoTデバイスハブダッシュボード

「+新規」ボタンを選択します。

「+新規」ボタンを選択

「ニフクラRDB」の「+追加」ボタンを選択します。

「+追加」ボタンを選択

モジュールID・説明を入力し、リージョン・ゾーンを選択の上、事前に作成しておいた DB サーバーを選択し、ユーザー名・パスワード・データベース名・テーブル名を入力します。

新規ニフクラRDBモジュール

「保存」ボタンを選択すると、選択した DB サーバー内に、指定した名前のテーブルと「指定した名前_type」という 2 つのテーブルが作成されます。前者にはイベント情報(値とタイムスタンプ)、後者にはイベントのメタ情報(イベントタイプ、ホームID、デバイスID)が保存されるようになります

mysql> show tables;
+----------------+
| Tables_in_mydb |
+----------------+
| mytable        |
| mytable_type   |
+----------------+
2 rows in set (0.02 sec)

mysql> desc mytable;
+---------------+------------+------+-----+---------------------+-------+
| Field         | Type       | Null | Key |  Default            | Extra |
+---------------+------------+------+-----+---------------------+-------+
| event_type_id | bigint(20) | NO   | PRI | 0                   |       |
| value         | double     | YES  |     | NULL                |       |
| timestamp     | timestamp  | NO   | PRI | 0000-00-00 00:00:00 |       |
+---------------+------------+------+-----+---------------------+-------+
3 rows in set (0.02 sec)
mysql> desc mytable_type;
+------------------+---------------------+------+-----+---------+----------------+
| Field            | Type                | Null | Key | Default | Extra          |
+------------------+---------------------+------+-----+---------+----------------+
| d                | bigint(20) unsigned | NO   | PRI | NULL    | auto_increment |
| name             | varchar(1024)       | YES  | MUL | NULL    |                |
| home_id          | bigint(20)          | YES  |     | NULL    |                |
| origin_device_id | bigint(20)          | YES  |     | NULL    |                |
+------------------+---------------------+------+-----+---------+----------------+
4 rows in set (0.01 sec)

RDBにイベントデータを蓄積する

デバイスシミュレーターを起動し、イベントを発生させてみます。イベントデータに value というキーで数値を指定してイベントを発生させます。

デバイスシミュレーターを起動

mysql にログインし、select してみるとイベントが保存されていることが分かります。

mysql> select * from mytable_type;
+----+------+---------+------------------+
| id | name | home_id | origin_device_id |
+----+------+---------+------------------+
|  1 | test |       2 |                2 |
+----+------+---------+------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> select * from mytable;
+---------------+-------+---------------------+
| event_type_id | value | timestamp           |
+---------------+-------+---------------------+
|             1 | 12344 | 2016-06-03 13:00:24 |
|             1 | 12345 | 2016-06-03 13:02:08 |
+---------------+-------+---------------------+
2 rows in set (0.00 sec)

制限事項

  • ニフクラ RDB 側とのデータ同期は自動では行われません。
  • グローバルIPを利用しないオプションを指定したDBサーバーは選択できません。

推奨画面サイズ 1024×768 以上