本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>IoTデバイスハブ>IoTデバイスハブのキーコンセプト

IoTデバイスハブのキーコンセプト

本サービス上に構築されたIoTシステムは、一般的に下図のようなアーキテクチャーを持ちます。

IoTデバイスハブのキーコンセプト

独自のIoTシステムを構築するには、以下の手順を実行します。

  • IoTデバイスハブ上でプロジェクトをセットアップする。
  • IoTデバイスハブと通信するデバイスファームウエアを実装する。
  • ユーザーインターフェイスとしてのモバイルアプリを実装する。

前提知識としてプロジェクトを開始する前に、以下の概念について理解しておく必要があります。

プロジェクトと開発者 IoTデバイスハブがプロジェクトのクラウドバックエンドを提供し、あなたがプロジェクトの開発者です。
デバイス、ユーザーなど、表示されるすべてのものがプロジェクトに属します。
開発者は、プロジェクトのクラウドバックエンドを設定および管理できます。
ホーム デバイス管理の主な単位
IoTデバイスハブ内のホームには、複数のデバイスが含まれます。
ホームには、これらのデバイスを制御できる複数のユーザー(ホームメンバー)を設定できます。
ホーム
デバイス 製造された製品のひとつひとつを指します。
アクセストークンやシリアル番号などの固有の情報を割り当てる必要があります。
デバイスに関連付けられている情報をプロジェクトで追跡するため、IoTデバイスハブはデバイスのデータベースを維持します。
デバイス
デバイスクラス 同じように動作するデバイスは、同じデバイスクラスに属します。
デバイスクラスを構成すると、そのクラスに属するすべてのデバイスを一度に制御できます。
デバイスクラス
ユーザー デバイスのエンドユーザー
ユーザーは、自分が属するホームに接続されているデバイスを制御できます。
アプリ ユーザーに代わってホームやデバイスと情報をやり取りします。 アプリ
スマートモジュール スマートモジュールはプロジェクトに追加して利用することができるプラグインです。
利用できるプラグインはこちらをご覧ください。
スマートモジュール
コントロールパネル プロジェクトのセットアップ、ファームウエアやアプリのテスト・デバッグ、プロジェクトのリリース後はユーザーの使用状況を監視することができます。

デバイス、アプリ、スマートモジュールは、ホームを経由して互いに情報をやり取りします。
通信には以下の2種類があります。

コマンド アプリ、スマートモジュールは、デバイスおよびスマートモジュールにコマンドを送信することができます。
コマンドは単純なJSONオブジェクトであり、任意のコマンドをデバイスに対して定義することができます。
イベント デバイスはイベントを発行することができます。
イベントをサブスクライブしているアプリやスマートモジュールは、オンラインであればリアルタイムで通知を受け取ります。
メッセージ コマンド/イベントを総称してメッセージと呼び、メッセージには容量、数量で制限値が設定されています。コマンド/イベントをそれぞれ別々に1つのメッセージとしてカウントします。

次はチュートリアルに従って、最初のプロジェクトを開始します。

推奨画面サイズ 1024×768 以上