本文へジャンプします。

ニフティクラウド ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>VPNゲートウェイ:IKEv1 IPsec VPN(L3VPN)で接続する拠点側VPN装置の設定(富士通 Si-R brin)

VPNゲートウェイ:IKEv1 IPsec VPN(L3VPN)で接続する拠点側VPN装置の設定(富士通 Si-R brin)

拠点側VPN装置にSi-R brinシリーズを使用した場合の設定です。

下記ページと構成を参考に、事前にVPNコネクション作成を行ってください。

構成

VPNゲートウェイを利用し、ニフティクラウドとお客様拠点をIPsec VPN(L3VPN)で接続するためには、以下の項目を事前にご確認ください。 以降の設定手順、確認手順では下記を検証環境、構成例として用います。

検証環境
製品 Si-R brinシリーズ
ソフトウエア V2.04以上
構成例
VPNゲートウェイのIPアドレス 198.51.100.123
拠点VPN装置のIPアドレス 203.0.113.234
プライベートLAN CIDR 172.31.1.0/24
拠点CIDR 192.168.1.0/24
共有鍵 0582877a-3907-4357-8763-d32e9050eb08
PPPユーザー名 user@isp
PPPパスワード isppasswd
WAN側物理インタフェース ether 1 1
WAN側仮想インタフェース remote 0
IPsec仮想インタフェース remote 1

設定手順

コンフィグ編集モードへ移行します。

Si-R90brin#Configure
Si-R90brin(Config)#

各LANポートに通信モードの設定をします。

Si-R90brin(Config)# lan 0 mode auto
Si-R90brin(Config)# lan 1 mode auto

LAN側インタフェースにアドレスを設定します。
以下の例で、192.168.1.1/24は実際の拠点CIDRの値に書き換えてください。

Si-R90brin(Config)#lan 1 ip address 192.168.1.1/24 3

PPPoEインタフェースの設定をします。
以下の例で、203.0.113.234は拠点VPN装置のアドレスに置き換えてください。

Si-R90brin(Config)#remote 0 name pppoe
Si-R90brin(Config)#remote 0 mtu 1454
Si-R90brin(Config)#remote 0 ap 0 name nifty
Si-R90brin(Config)#remote 0 ap 0 datalink bind lan 0
Si-R90brin(Config)#remote 0 ap 0 ppp auth send user@isp isppasswd
Si-R90brin(Config)#remote 0 ap 0 keep connect
Si-R90brin(Config)#remote 0 ppp ipcp vjcomp disable
Si-R90brin(Config)#remote 0 ip route 0 default 1 1
Si-R90brin(Config)#remote 0 ip address local 203.0.113.234
Si-R90brin(Config)#remote 0 ip nat mode multi any 1 5m
Si-R90brin(Config)#remote 0 ip nat static 0 203.0.113.234 500 203.0.113.234 500 17
Si-R90brin(Config)#remote 0 ip nat static 1 203.0.113.234 any 203.0.113.234 any 50
Si-R90brin(Config)#remote 0 ip msschange 1414

IPsecの設定をします。

  • ※「0582877a-3907-4357-8763-d32e9050eb08」を実際の共有鍵に、「203.0.113.234」は拠点VPN装置のアドレスに、「192.168.1.0/24」は実際の拠点IPアドレスの値に、 「198.51.100.123」は実際のVPNゲートウェイのIPアドレスに、「172.31.1.0/24」はプライベートLAN CIDRの値に、それぞれ置き換えてください。
Si-R90brin(Config)#remote 1 name nifty
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 name ipsec
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 datalink type ipsec
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 keep connect
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ipsec type ike
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ipsec ike protocol esp
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ipsec ike range 192.168.1.0/24 172.31.1.0/24
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ipsec ike encrypt aes-cbc-128
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ipsec ike auth hmac-sha1
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ipsec ike pfs modp1024
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ipsec ike lifetime 1h
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ike shared key text 0582877a-3907-4357-8763-d32e9050eb08
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ike proposal 0 encrypt aes-cbc-128
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ike proposal 0 hash hmac-sha1
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ike proposal 0 pfs modp1024
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 ike proposal 0 lifetime 8h
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 tunnel local 203.0.113.234
Si-R90brin(Config)#remote 1 ap 0 tunnel remote 198.51.100.123
Si-R90brin(Config)#remtoe 1 ap 0 sessionwatch address 192.168.1.1 172.31.1.1
Si-R90brin(Config)#remote 1 ip route 0 172.31.1.0/24 1 1
Si-R90brin(Config)#remote 1 ip msschange 1300

最後に設定を保存、再起動します。

Si-R90brin(Config)#save
Si-R90brin(Config)#reset

確認手順

IKE、ESPのSAが正常に確立されているか確認する

IKEのSAが正常に確立されているか確認するためにはshow access-pointコマンドを実行します。
下記のように、対象のremoteに対して、IKE SA,IPsec SAそれぞれがestablished、statusがconnectedとなっていればIPsecは正常に確立できています。

Si-R90brin(Config)#show access-point
remote 1 ap 0         : nifty.ipsec
  status              : connected
    since             : Jan 30 05:37:48 GMT 2015
  speed               : not available
    send traffic      : not available
    receive traffic   : not available
  type                : IPsec/IKE
    exchange type     : main
    IKE SA            : established
    IPsec SA          : established
Si-R90brin(Config)#

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上