本文へジャンプします。

ニフティクラウド ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>VPNゲートウェイ:IKEv1 IPsec VPN(L3VPN)で接続する拠点側VPN装置の設定(アライドテレシス AR4050S/AR3050S/AR2050V)

VPNゲートウェイ:IKEv1 IPsec VPN(L3VPN)で接続する拠点側VPN装置の設定(アライドテレシス AR4050S/AR3050S/AR2050V)

拠点側VPN装置にアライドテレシス AR4050Sを使用した場合の設定です。

AR3050S、AR2050Vでも同じ内容が適用可能です。その場合は、AR4050SをAR3050SまたはAR2050Vと読み替えの上、ご利用ください。

下記ページと構成を参考に、事前にVPNコネクション作成を行ってください。

構成

VPNゲートウェイを利用し、ニフティクラウドとお客様拠点をIPsec VPN(L3VPN)で接続するためには、以下の項目を事前にご確認ください。 以降の設定手順、確認手順では下記を検証環境、構成例として用います。

検証環境
製品 アライドテレシス AR4050S
ソフトウエア 5.4.5-2.1以降
構成例
PPPユーザー名 user@ispA
PPPパスワード isppasswdA
AR4050S ppp0(WAN側)IPアドレス 172.16.0.1/32
AR4050S vlan1(LAN側)IPアドレス 192.168.1.254/24
事前共有鍵 secret
Tunnel interface IP address 172.30.0.1/32
VPNゲートウェイのIPアドレス 198.51.100.123
拠点CIDR 192.168.1.0/24
プライベートLAN CIDR 10.0.0.0/16
  • ※上記の値がすでに使用されている場合は適宜置き換えてください。

設定手順

ログイン
AR4050Sにログインします。工場出荷時設定のCLIのログインID/PWは、下記の通りです。

awplus login: manager
Password: friend ※実際には表示されません
 Last login: Fri Nov 13 17:09:55 JST 2015 on ttyS0
 AlliedWare Plus (TM) 5.4.5 11/12/15 03:11:03
 awplus>

モードの移行
非特権EXECモードから、特権EXECモードに移行します。

awplus> enable

特権EXECモードからグローバルコンフィグモードに移行します。

awplus# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
awplus(config)#

スパニングツリープロトコルの無効化
LANポートにおいて初期状態で有効化されているスパニングツリープロトコル(RSTP)を無効化します。

awplus(config)# no spanning-tree rstp enable

LANインターフェース設定
LAN側インターフェース(vlan1)にIPアドレスを設定します。

awplus(config)# interface vlan1
awplus(config-if)# ip address 192.168.1.254/24
awplus(config-if)# exit

PPPインターフェース作成
eth1インターフェース上にPPPインターフェースを作成します。

awplus(config)# interface eth1
awplus(config-if)# encapsulation ppp 0

PPPoEインターフェース設定
PPPインターフェースにWAN側のIPアドレスを設定します。
LCP EchoパケットによるPPP接続の監視を有効にします。
ISPから通知されたPPPユーザー名やとパスワードを設定します。
PPPインターフェースを通過するTCPパケットのMSS値の自動書き換えを有効にします。

awplus(config)# interface ppp0
awplus(config-if)# ip address 172.16.0.1/32
awplus(config-if)# keepalive
awplus(config-if)# ppp username user@ispA
awplus(config-if)# ppp username isppasswdA
awplus(config-if)# ip tcp adjust-mss pmtu

エンティティーの設定
ファイアウォールやNATのルール作成時に使うエンティティー(通信主体)を定義します。
内部ネットワークを表すゾーン「private」と、外部ネットワークを表すゾーン「public」を作成します。

awplus(config)# zone private
awplus(config-zone)# network lan
awplus(config-network)# ip subnet 192.168.1.0/24
awplus(config-network)# ip subnet 10.0.0.0/16

awplus(config)# zone public
awplus(config-zone)# network wan
awplus(config-network)# ip subnet 0.0.0.0/0 interface ppp0
awplus(config-network)# host ppp0
awplus(config-host)# ip address 172.16.0.1

アプリケーションの設定
ファイアウォールやNATのルール作成時に通信内容を指定するために使う「アプリケーション」を定義します。
IPsecのESPパケットを表すカスタムアプリケーション「esp」を定義します。
ISAKMPパケットを表すカスタムアプリケーション「isakmp」を定義します。

awplus(config)# application esp
awplus(config-application)# protocol 50

awplus(config)# application isakmp
awplus(config-application)# protocol udp
awplus(config-application)# sport 500
awplus(config-application)# dport 500

ファイアウォール、NATの設定
ISAKMPパケット、ESPパケットは通しつつ、ほかの外側からの通信を遮断し、内側からの通信は自由に行えるようにファイアウォールのルールを設定します。
LAN側ネットワークに接続されているすべてのコンピューターがダイナミックENAT機能を使用できるよう設定します。

awplus(config)# firewall
awplus(config-firewall)# rule 10 permit isakmp from public.wan.ppp0 to public.wan
awplus(config-firewall)# rule 20 permit isakmp from public.wan to public.wan.ppp0
awplus(config-firewall)# rule 30 permit esp from public.wan to public.wan.ppp0
awplus(config-firewall)# rule 40 permit esp from public.wan.ppp0 to public.wan
awplus(config-firewall)# rule 50 permit any from private to private
awplus(config-firewall)# rule 60 permit any from private to public
awplus(config-firewall)# protect

awplus(config)# nat
awplus(config-nat)# rule 10 masq any from private to public
awplus(config-nat)# enable

IPsec設定
IKEフェーズ1のポリシー「Nifty-isakmp」とフェーズ2のポリシー「Nifty-ipsec」をそれぞれ作成します。

awplus(config)# crypto isakmp profile Nifty-isakmp
awplus(config-isakmp-profile)# version 1 mode main
awplus(config-isakmp-profile)# lifetime 28800
awplus(config-isakmp-profile)# transform 1 integrity sha1 encryption aes128 group 2

awplus(config)# crypto isakmp key secret address 198.51.100.123
awplus(config)# crypto isakmp peer address 198.51.100.123 profile Nifty-isakmp

awplus(config)# crypto ipsec profile Nifty-ipsec
awplus(config-ipsec-profile)# lifetime seconds 3600
awplus(config-ipsec-profile)# transform 1 protocol esp integrity sha1 encryption aes128
awplus(config-ipsec-profile)# pfs 2

トンネルインターフェース設定
IPsecトンネルインターフェースtunnel0を作成します。
MTUの設定をします。
IPsecトンネルの始点(自装置)と終点(仮想ネットワークゲートウェイ)を指定します。
IKEフェーズ2で使用するポリシーを指定します。
IPsec通信を行うネットワークの範囲を指定します。
トンネリング方式を指定します。
IP通信を有効にするためにIPアドレスを設定します(このIPアドレスは通信に使用されません)。
トンネルインターフェースを通過するTCPパケットのMSS値の書き換えを有効にします。

awplus(config)# int tunnel0
awplus(config-if)# mtu 1300
awplus(config-if)# tunnel source ppp0
awplus(config-if)# tunnel destination 198.51.100.123
awplus(config-if)# tunnel protection ipsec profile Nifty-ipsec
awplus(config-if)# tunnel local selector 192.168.1.0/24
awplus(config-if)# tunnel remote selector 10.0.0.0/16
awplus(config-if)# tunnel mode ipsec ipv4
awplus(config-if)# ip address 172.30.0.1/32
awplus(config-if)# ip tcp adjust-mss 1260

ルート設定
デフォルトルートを設定します。
ニフティクラウドの仮想ネットワーク宛の通信がIPsecトンネルを経由するよう設定します。
またIPsecトンネルが確立するまでは、このルートを使用できないよう設定します。

awplus(config)# ip route 0.0.0.0/0 ppp0
awplus(config)# ip route 10.0.0.0/16 tunnel0
awplus(config)# ip route 10.0.0.0/16 null 254

コンフィグの確認、保存
設定は以上となります。
現在の設定内容を起動時コンフィグとして保存し、設定(ランニングコンフィグ)を表示します。14.設定の確認を参考に設定に誤りが無いかご確認ください。

awplus# copy running-config startup-config
awplus# show running-config

設定の確認
「show running-config」で設定をご確認いただけます。各コマンドの詳細につきまして、以下のページを参照してください。

確認手順

ISAKMPのSAが正常に確立されているか確認する

下記コマンドを実行し、ISAKMP SAの確立状態がEstablishであることを確認します。

awplus# show isakmp sa
--------------------------------------------------------------------------------
Peer                 Cookies (initiator:responder)       Auth  Ver   Expires    
                     Encryption    Integrity    Group    DPD   NATT  State      
--------------------------------------------------------------------------------
198.51.100.123       b6d4f457692b198f:3042fa40859161c6   PSK   1     26713s     
                     AES128        SHA1         2        no    no    Established

上記のように表示されない場合は、ISAKMP SAの確立に失敗しています。
共有キーやISAKMPポリシーが正しく設定されているかご確認ください。

IPsec SAの確立状態

下記コマンドを実行し、IPsec SAが確立していることを確認します。

awplus# show ipsec sa
-----------------------------------------------------------------------------
Peer                  SPI (in:out)          Mode          Proto  Expires     
                      Encryption            Integrity     PFS  
-----------------------------------------------------------------------------
198.51.100.123        c74bd754:27e7f6a0     tunnel        ESP    3130s       
                      AES128                SHA1          2 

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上