本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>OS初期化スクリプトのご利用設定

OS初期化スクリプトのご利用設定

2011年10月26日以前にスタンダードイメージから作成したサーバーおよび、VMインポート機能で作成したサーバーに対して、以下のサービスを利用する場合はOS初期化スクリプトのインストールが必要となります。

上記機能を利用する場合は、以下の手順を参考に、OS初期化スクリプトをインストールしてください。

なお、2011年10月26日以前に作成したイメージにOS初期化スクリプトが設定されていない場合は、以下の手順を参考に元となるサーバーにOS初期化スクリプトを設定しイメージ化してください。

Linux系サーバー(Cent OS、Red Hat)設定手順

該当サーバーにログインして、rootユーザにて以下の設定を行ってください。

  1. OS初期化スクリプトのダウンロードと展開

    CentOS7.0、Red Hat Enterprise Linux 7.0 以降の場合

    # wget https://cloud.nifty.com/doc/cloudinit_linux_7.tar.gz
    # tar xvzf cloudinit_linux_7.tar.gz

    上記以外のOS

    # wget https://cloud.nifty.com/doc/cloudinit_linux_6.tar.gz
    # tar xvzf cloudinit_linux_6.tar.gz
  2. OS初期化スクリプトの配備

    展開した初期化スクリプトを配備します。
    ※OS初期化スクリプトがすでに存在する場合は、上書きを行ってください。

    CentOS7.0、Red Hat Enterprise Linux 7.0 以降の場合

    unitファイルの配置

    # cp nifty.service /etc/systemd/system/
    # cp niftycloud_init.service /etc/systemd/system/
    # cp niftycloud_update.service /etc/systemd/system/
    # chmod 644 /etc/systemd/system/nifty*

    初期化スクリプトの配置

    # cp nifty /usr/local/sbin/
    # cp niftycloud_init /usr/local/sbin/
    # cp niftycloud_update /usr/local/sbin/
    # chmod 755 /usr/local/sbin/nifty*

    上記以外のOS

    # cp nifty /etc/rc.d/init.d/nifty
    # chmod 755 /etc/rc.d/init.d/nifty
    # cp niftycloud_update /etc/rc.d/init.d/niftycloud_update
    # chmod 755 /etc/rc.d/init.d/niftycloud_update
    # cp niftycloud_init /etc/rc.d/init.d/niftycloud_init
    # chmod 755 /etc/rc.d/init.d/niftycloud_init
  3. OS初期化スクリプトの起動設定

    ※すでにリンクの設定が存在する場合は、この手順は不要です。

    CentOS7.0、Red Hat Enterprise Linux 7.0 以降の場合

    # systemctl daemon-reload
    # systemctl enable nifty.service
    # systemctl enable niftycloud_init.service
    # systemctl enable niftycloud_update.service

    上記以外のOS

    runlevel3 で初期化スクリプトが起動するよう設定を行います。

    # cd /etc/rc3.d/
    # ln -s /etc/rc.d/init.d/nifty S99nifty
    # ln -s /etc/rc.d/init.d/niftycloud_update S04niftycloud_update
    # ln -s /etc/rc.d/init.d/niftycloud_init S05niftycloud_init
  4. OS初期化スクリプトの起動確認

    初期化スクリプトが実行できることを確認してください。

Linux系サーバー(Ubuntu)設定手順

該当サーバーにログインして、rootユーザにて以下の設定を行ってください。

  1. OS初期化スクリプトのダウンロードと展開

    # wget https://cloud.nifty.com/doc/cloudinit_ubuntu.tar.gz
    # tar xvzf cloudinit_ubuntu.tar.gz
  2. OS初期化スクリプトの配備

    展開した初期化スクリプトを配備します。
    ※OS初期化スクリプトがすでに存在する場合は、上書きを行ってください。

    # cp nifty /etc/init.d/nifty
    # chmod 755 /etc/init.d/nifty
    # cp niftycloud_update /etc/init.d/niftycloud_update
    # chmod 755 /etc/init.d/niftycloud_update
    # cp niftycloud_init /etc/init.d/niftycloud_init
    # chmod 755 /etc/init.d/niftycloud_init
  3. OS初期化スクリプトの起動設定

    runlevelS で初期化スクリプトが起動するよう設定を行います。
    ※すでにリンクの設定が存在する場合は、この手順は不要です。

    # cd /etc/rcS.d/
    # ln -s /etc/init.d/niftycloud_update S39niftycloud_update
    # ln -s /etc/init.d/niftycloud_init S40niftycloud_init
    # ln -s /etc/init.d/nifty S41nifty
  4. 初期化スクリプトが実行できることを確認してください。

Windows系サーバー設定手順

該当サーバーに管理者アカウントにてログインし、以下の設定を行ってください。

  1. OS初期化スクリプトのダウンロードと展開

    下記のURLのスクリプトをブラウザなどでダウンロードして展開してください。

    https://cloud.nifty.com/doc/cloudinit_win.zip
  2. OS初期化スクリプトの配備

    展開した初期化スクリプトを配備します。「C:\Program Files\Nifty\Cloud\」ディレクトリを作成し、そこに展開したフォルダの中にあるファイルすべてをコピーします。コピー後、以下の4つのスクリプトが設置されていることを確認してください。

    ※OS初期化スクリプトがすでに存在する場合は、上書きを行ってください。

    「Cloud」フォルダ

  3. OS初期化スクリプトの起動設定

    VMWareToolsの「ゲストOSをパワーオン」イベントで起動するカスタムスクリプトとして、「C:\Program Files\Nifty\Cloud\CloudInit.bat」を登録します。

    1. コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行(A)」します。

      コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行(A)」します。

    2. コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行し、notepadを起動します。

      notepad "C:\ProgramData\VMware\VMware Tools\tools.conf"

      コマンドプロンプト

    3. 起動したメモ帳(notepad)に以下の1行を記述し、内容を保存してください。

      ※poweron-scriptの記述が存在する際は本手順は不要です。

      poweron-script = "C:\Program Files\Nifty\Cloud\CloudInit.bat"

      メモ帳

  4. OS初期化スクリプトの起動確認

    サーバーの再起動を行い、初期化スクリプトが動作することを確認します。

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上