本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>ディスクの認識を外す設定方法(アンマウント手順):Linux系OSの場合

ディスクの認識を外す設定方法(アンマウント手順):Linux系OSの場合

起動中のサーバーからディスクを外す場合に、OS上でディスクの認識を外す設定の一例を説明します。お客様のご利用に応じて詳細設定を行ってください。

※コントロールパネルからのディスクをはずす操作前に、行う必要があります。

  1. 対象を確認します。

    # fdisk -l

    対象を確認します。

  2. 自動マウント設定している場合は「/etc/fstab」の該当箇所を除去します。

    # vi /etc/fstab

    自動マウント設定している場合は「/etc/fstab」の該当箇所を除去します。

  3. マウントを解除します。

    # umount /add_disk1
  4. 認識を外すデバイスを確認します。

    ※対象のデバイスを選択してください。

    # dmesg | grep -i 'Attached SCSI disk'

    認識を外すデバイスを確認します。

  5. デバイスの認識を外します。

    ※「0:0:1:0」は手順3で確認した内容です。

    # echo 1 > /sys/class/scsi_device/0:0:1:0/device/delete
  6. 外れたか確認します。

    # fdisk -l

    外れたか確認します。

  7. 以上の手順完了後にコンパネからディスクを外してください。

    ※誤ってローカルディスクの認識を外してしまった場合はコントロールパネルから強制停止した後、起動させてください。

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上