本文へジャンプします。

TOP

ニフクライベント/ニュース

お知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年7月30日

サービス品質保証制度(SLA)の保証稼働率を99.99%に改定

ニフティクラウドは、サービス品質保証制度(Service Level Agreement、以下SLA)にて、保証する月間サーバー稼働率を99.95%から99.99%に改定し、2013年7月の利用分から適用を開始します。

2013年1月〜6月の月間平均稼働率が99.9999%を超えていることに加え、同サービスを利用中、また検討しているお客様からの、さらなる安定性と可用性への要望に応えるため、SLAを改定しました。

ニフティクラウドは今後も、安心・安全なサービス提供と機能の向上につとめ、お客様のクラウドサービスの活用を支援していきます。
ニフティクラウドのSLAについて

利用IDごとに合計した月間のサーバー稼働率が99.99%を下回った場合、当該月度分のご利用料金の10%分を、翌々月以降のご利用料金から減額します。

保証する月間サーバー稼働率

99.99%以上

サーバー稼働率の考え方について

月間稼働率 =(月間総稼働時間−累計障害時間)÷月間総稼働時間×100

  • ※ネットワーク環境やディスクの動作異常については、それによって影響を受けたサーバーの台数を基準に、サーバー稼働率として換算します。
サーバー停止と見なす処理途絶時間

3分以上

今回の主な変更点
 変更前変更後
保証する月間サーバー稼働率99.95%99.99%
サーバー停止と見なす処理途絶時間5分以上3分以上
上記は掲載時点の情報です。最新情報についてはサイト内の各ページにてご確認ださい。