本文へジャンプします。

クラウド FAQ(よくあるご質問)

クラウド トップ>FAQ(よくあるご質問) > OS(RedHatライセンス) > OS上でのISOマウント方法を教えてください。(Red Hat Enterprise Linux / CentOS / Ubuntu)

OS上でのISOマウント方法を教えてください。(Red Hat Enterprise Linux / CentOS / Ubuntu)

本手順は、Red Hat Enterprise Linux/CentOS/Ubuntuの各バージョン共通の手順です。
「(sudo)」と書いてある手順は、一般ユーザーがroot権限で実行する場合必要です。

■ISOファイルのマウント手順

1. 以下のコマンドを実行しマウントしたいISOファイルをサーバに転送します
# scp -p 22 -i ~/.ssh/[private key].pem sample.iso root@[server IP]:~/

2.以下のコマンドで対象のサーバにSSHでログインします。
# ssh [サーバのUSER]@[サーバのIP] -i [private_keyのファイル名]

3.以下のコマンドでISOファイルとしてマウントするためのディレクトリを作成します
# (sudo) mkdir /media/iso



4.以下のコマンドで手順3で作成したディレクトリにISOをマウントします
# (sudo) mount -o loop -t iso9660 ~/sample.iso /media/iso/

[正常時の出力例]
mount: /dev/loop0 is write-protected, mounting read-only



5.以下のコマンドでマウント結果を確認します
# df -ah | grep iso

[正常時の出力例]
# df -ah | grep iso
/dev/loop0 19M 19M 0 100% /media/iso



■ISOファイルのアンマウント手順

1.以下のコマンドで対象のマウントしたディレクトリをアンマウントします。
# (sudo) umount /media/iso/
※このとき、「media」ディレクトリ配下にいるとアンマウントが失敗するため、ホームディレクトリ等へ移動してから行ってください。



2.以下のコマンドでアンマウント結果を確認します。
# df -ah | grep iso

[正常時の出力例]
# df -ah | grep iso
(何も表示されない)

ニフクラ FAQ内検索

FAQメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上