本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

NiftyCreateSeparateInstanceRule

処理概要

サーバーセパレートを新規作成します。サーバーセパレートを作成際には、ゾーンの指定が必要です。
また、1つのサーバーセパレートに適応可能なサーバーの上限数は、2台となります。サーバーセパレートの作成には、時間がかかることがあります。API「NiftyDescribeSeparateInstanceRules」のレスポンス値「separateInstanceRuleStatus」でサーバーセパレートのステータスを確認できます。

すでに存在するサーバーセパレート名を指定した場合や、作成可能なサーバーセパレートの上限数を超える場合、サーバーセパレートに適応可能サーバー数の上限数超える場合は、エラーが返されます。

指定するパラメーター

パラメーター 説明 必須 サンプル値
SeparateInstanceRuleName サーバーセパレート名
Type : String
使用可能文字 : 半角英数字(15文字)
separate1
InstanceId.n サーバー名
Type : String
   
InstanceUniqueId.n サーバーユニークID
Type : String
   
SeparateInstanceRuleDescription サーバーセパレートのメモ情報
Type : String
使用可能文字 : 全半角数字(40文字)
   
Placement.AvailabilityZone ゾーン情報
Type : String
east-11

応答フィールド

フィールド(項目) 説明 サンプル値
NiftyCreateSeparateInstanceRuleResponse NiftyCreateSeparateInstanceRuleResponseレスポンス
Type : NiftyCreateSeparateInstanceRuleResponseType
Ancestor : なし
Children : requestId, return
 
requestId リクエスト識別子
Type : xsd:string
Ancestor : NiftyCreateSeparateInstanceRuleResponse
Children : なし
ac501097-4c8d-475b-b06b-a90048ec181c
return 処理ステータス
Type : xsd:string
Ancestor : NiftyCreateSeparateInstanceRuleResponse
Children : なし
true

リクエストサンプル

https://jp-east-1.computing.api.nifcloud.com/api/?Action=NiftyCreateSeparateInstanceRule&SeparateInstanceRuleName=separateRule1&InstanceId.1=server001&InstanceId.2=server002&SeparateInstanceRuleDescription=separateMemo&Placement.AvailabilityZone=east11&CommonParams

応答サンプル

<NiftyCreateSeparateInstanceRuleResponse xmlns="https://cp.cloud.nifty.com/api/">
  <requestId>ac501097-4c8d-475b-b06b-a90048ec181c</requestId>
  <return>true</return>
</NiftyCreateSeparateInstanceRuleResponse>

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上