本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

Put Bucket versioning

処理概要

指定したバケットにバージョニングを設定します。
デフォルトではOffになっており、一度、Suspended または Enabled に設定するとOffにすることはできません。
バケットオーナーのみ設定することが可能です。

指定するパラメーター

パラメーター 説明 必須 サンプル値
versioning versioningリクエスト
値 : なし
 

指定するヘッダー

必要なヘッダーはありません。

指定するボディ

フィールド 説明 サンプル値
VersioningConfiguration VersioningConfigurationリクエスト
Type : Container
Ancestor : なし
Children : Status
 
Status バージョニング設定
Type : xsd:string
Valid Values : Suspended | Enabled
Ancestor : VersioningConfiguration
Suspended (中断)
Enabled (有効)

応答フィールド

応答フィールドはありません。

リクエストサンプル

PUT /?versioning HTTP/1.1
Host: my-first-bucket.jp-east-2.os.cloud.nifty.com
Date: Wed, 29 Jun 2016 00:00:00 GMT
Authorization: AWS 15B4D3461F177624206A:xQE0diMbLRepdf3YB+FIEXAMPLE=
Content-Type: text/plain
Content-Length: 124

<VersioningConfiguration xmlns="http://doc.s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/">
  <Status>Enabled</Status>
</VersioningConfiguration>

応答サンプル

HTTP/1.1 200 OK
x-amz-request-id: 236A8905248E5A01
Content-Length: 0

推奨画面サイズ 1024×768 以上