本文へジャンプします。

Options Object

処理概要

対象のオブジェクトがリクエストに対応したCORSを許可しているかどうか確認します。

指定するパラメーター

必要なパラメーターはありません。プリフライトリクエストの後に実行するリクエストにパラメーターが必要であれば、このリクエストに含める必要があります。

指定するヘッダー

パラメーター 説明 サンプル値 必須
Origin オリジンのURL
Type : xsd:string
Default : None
http://www.example.com
Access-Control-Request-Method リクエストで利用するHTTPメソッド
Type : xsd:string
Default : None
GET
Access-Control-Request-Headers リクエストで利用するヘッダーのカンマ区切りリスト
Type : xsd:string
Default : None
x-amz-server-side-encryption  

指定するボディ

必要なボディはありません。

応答ヘッダー

フィールド 説明 サンプル値
Access-Control-Allow-Origin リクエストで指定したOriginサーバーのURL
指定したOriginサーバーが許可されていない場合には このヘッダーは返却されない
Type : String
http://www.exapmle.com
Access-Control-Max-Age リクエストの結果がキャッシュされる時間(秒)
Type : String
1500
Access-Control-Allow-Methods リクエストで指定した Access-Control-Request-Methods
許可されていないメソッドを指定した場合はこのヘッダーは返却されない
Type : String
GET
Access-Control-Allow-Headers リクエストで指定した Access-Control-Request-Headers
いくつかのヘッダーが許可されていない場合、そのヘッダーはレスポンスに含まれない
Type : String
x-amz-server-side-encryption
Access-Control-Expose-Headers 実際のリクエストに対してレスポンスされるヘッダーのカンマ区切りリスト
Type : String
Etag

応答フィールド

応答フィールドはありません。

リクエストサンプル

OPTIONS /sample.txt HTTP/1.1
Host: my-first-w-bucket.jp-east-2.os.cloud.nifty.com
Date: Mon, 03 July 2017 00:00:00 GMT
Origin: http://www.example.com
Access-Control-Request-Method: GET
Access-Control-Request-Headers: x-amz-server-side-encryption,x-amz-hogehoge
Authorization: <Authorization String>

応答サンプル

HTTP/1.1 200 OK
x-amz-request-id: 9d11265a-4516-3077-bfcd-89b0e847a2ef
Content-Length: 0
Access-Control-Allow-Headers: x-amz-server-side-encryption
Access-Control-Expose-Headers: ETag
Access-Control-Max-Age: 1500
Date: Tue, 06 Jun 2017 06:02:48 GMT
Access-Control-Allow-Origin: http://www.example.com
Access-Control-Allow-Methods: GET

推奨画面サイズ 1024×768 以上