本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

nifty-modify-elb-attribute

処理概要

API「 NiftyModifyElasticLoadBalancerAttributes 」が実行されます。

コマンド構文

nifty-modify-elb-attribute マルチロードバランサー名 [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--protocol プロトコルを指定します。
TCP|UDP|HTTP|HTTPS
--elastic-load-balancer-port 待ち受けポートを指定します。
1〜65535の数値
--instance-port 宛先ポートを指定します。
1〜65535の数値
--session "enabled,
method=value,
expiration-period=value"
セッション情報を指定します。
・enabled : セッション固定オプション利用設定
Default : false (無効)
・method : セッション固定方法
1 (ソースIPアドレス)| 2 (Cookie)
・expiration-period : セッション保持時間
3 - 60(分)
--sorry-page "enabled,
redirect-url=value"
Sorryページ設定を指定します。
・enabled : Sorryページオプション利用設定
Default : false (無効)
・redirect-url : Sorryページリダイレクト先URL
--additional-attributes "key=value,
value=value"
[--additional-attributes "key=value,
value=value"]
更新属性を指定します。
protocol(プロトコル)|elasticLoadBalancerPort(待ち受けポート)|instancePort(宛先ポート)|description(メモ)|balancingType(バランス方式)|sslCertificateId(SSL証明書の発行識別子)
更新対象に指定されたprotocolが「HTTPS」の場合、sslCertificateIdは必須
更新対象に指定されたprotocolが「HTTPS」以外の場合、sslCertificateIdは指定不可

出力要素

なし

実行サンプル

PROMPT>nifty-modify-elb-attribute elb-8db04f81 --protocol HTTP --elastic-load-balancer-port 80 --instance-port 80 --session "enabled,method=1,expiration-period=10" --sorry-page "enabled,redirect-url=URL"

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上