本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

nifty-describe-separate-instance-rules

処理概要

API「 NiftyDescribeSeparateInstanceRules 」が実行されます。

コマンド構文

nifty-describe-separate-instance-rules [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--separate-instance-rule-name NAME[,...] 対象のサーバーセパレート名を指定します。
--filter "key=value1[,value2,...]" [--filter "key=value1[,value2,...]"] 絞り込み条件を指定します。
description(メモ)|instanceId(サーバー名)|instanceUniqueId(サーバーユニークID)

出力要素

  • SEPARATE_RULE / separateInstanceRuleName
  • SEPARATE_RULE / separateInstanceRuleDescription
  • SEPARATE_RULE / separateInstanceRuleStatus
  • SEPARATE_RULE / availabilityZone
  • INSTANCE / instanceId
  • INSTANCE / instanceUniqueId

実行サンプル

PROMPT>nifty-describe-separate-instance-rules --separate-instance-rule-name separate1 --filter "description=description01"
SEPARATE_RULE separate1 description01 available east-11
INSTANCE server01 i-efba9876
INSTANCE server02 i-efba9877

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上