本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

nifty-describe-instance-snapshots

処理概要

API「NiftyDescribeInstanceSnapshots」が実行されます。
作成済ワンデイスナップショットの情報を取得します。

コマンド構文

nifty-describe-instance-snapshots [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--snapshot-ids ID1 [,ID2,...]   スナップショットIDを指定します。  
--snapshot-names NAME1 [,NAME2,...]   スナップショット名を指定します。  

出力要素

※ニフクラAPIの応答フィールド名を記述します。

  • SNAPSHOT / instanceSnapshotId
  • SNAPSHOT / snapshotName
  • SNAPSHOT / powerStatus
  • SNAPSHOT / memo
  • SNAPSHOT / createdTime
  • SNAPSHOT / updatedTime
  • SNAPSHOT / expiredTime
  • SNAPSHOT / instanceId
  • SNAPSHOT / status
  • SNAPSHOT / difference

実行サンプル

PROMPT>nifty-describe-instance-snapshots --snapshot-names “sanpshot01”
SNAPSHOT is-0000000z sanpshot01 0 メモ 2014-09-29 10:18:57 2014-09-29 10:18:57 2014-09-30 10:18:57
server04 processing_create 20

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上