本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

nifty-describe-alarm-history

処理概要

API「 NiftyDescribeAlarmHistory 」が実行されます。

コマンド構文

nifty-describe-alarm-history [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--rule "rule-name=value,
function-name=value,
from-date=value,
to-date=value"
[--rule "rule-name=value,
function-name=value,
from-date=value,
to-date=value"]
基本監視ルールを指定します。
・rule-name : 監視ルール名(function-nameを指定する場合は必須)
・function-name : 機能名(Server|LoadBalancer|DiskPartition|ElasticLoadBalancer)(rule-nameを指定する場合は必須)
・from-date : 履歴取得開始日付
・to-date : 履歴取得終了日付

出力要素

  • ALARM / ruleName
  • ALARM / functionName
  • ALARM_HISTORY / date
  • ALARM_HISTORY / alarmEvent
  • ALARM_HISTORY / alarmEventDatetime

実行サンプル

PROMPT>nifty-describe-alarm-history --rule "rule-name=rule123,function-name=Server,from-date=20180406,to-date=20180406"
ALARM rule123 Server
ALARM_HISTORY 20180406
ALARM_HISTORY 1 2018-04-06T10:00:00.000+09:00
ALARM_HISTORY 0 2018-04-06T10:25:43.000+09:00

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上