本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

nifty-create-elb

処理概要

API「 NiftyCreateElasticLoadBalancer 」が実行されます。

コマンド構文

nifty-create-elb マルチロードバランサー名 [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--listeners "protocol=value,
elastic-load-balancer-port=value,
instance-port=value,
balancing-type=value,
description=value,
instance-unique-id=value,
instance-id=value,
health-check-target=value,
health-check-interval=value,
health-check-unhealthy-threshold=value,
health-check-path=value,
health-check-expectation=value,
ssl-certificate-id=value,
session-enable,
session-method=value,
session-expiration-period=value,
sorry-page-enable,
sorry-page-redirect-url=value"
[--listeners "protocol=value,
elastic-load-balancer-port=value,
instance-port=value,
balancing-type=value,
description=value,
instance-unique-id=value,
instance-id=value,
health-check-target=value,
health-check-interval=value,
health-check-unhealthy-threshold=value,
health-check-path=value,
health-check-expectation=value,
ssl-certificate-id=value,
session-enable,
session-method=value,
session-expiration-period=value,
sorry-page-enable,
sorry-page-redirect-url=value"]
マルチロードバランサーのポート番号とプロトコルを指定します。
protocol : 必須
TCP|UDP|HTTP|HTTPS

elastic-load-balancer-port : 必須
1〜65535の数値

instance-port :
1〜65535の数値

balancing-type :
1 (Round-Robin)|2 (Least-Connection) Default : 1

description
instance-unique-id
instance-id :
使用可能文字 : 半角英数字(15文字)

health-check-target :
TCP:宛先ポート(数字 1-65535)|HTTP:宛先ポート(数字 1-65535)|HTTPS:宛先ポート(数字 1-65535)|ICMP

health-check-interval :
health-check-targetが設定されている場合は必須
5-300 Default : 5

health-check-unhealthy-threshold :
health-check-targetが設定されている場合は必須
1-10 Default : 1

health-check-path :
使用可能文字 : 「!`$#";」を除く半角英数記号(255文字)
指定されたhealth-check-targetが「HTTP」もしくは「HTTPS」の場合に有効
先頭が”/”で始まっていること

health-check-expectation :
health-check-targetが「HTTP」もしくは「HTTPS」の場合は必須
200-499
HTTPステータスコードを指定
最大10個まで設定可能

ssl-certificate-id :
protocolが「HTTPS」の場合は必須
protocolが「HTTPS」以外の場合、指定不可

session-enable :
Default : false (無効)

session-method :
session-enableが有効の場合は必須

1(ソースIPアドレス)|2(Cookie)

session-expiration-period :
session-enableが有効の場合は必須
3-60(分)

sorry-page-enable :
Default : false (無効)
sorry-page-redirect-url :
sorry-page-enableが有効の場合は必須
--availability-zones ゾーン名を指定します。
--network-volume 最大ネットワーク流量を指定します。
10|20|30|40|100|200|300|400|500
Default : 10(Mbps)
--accounting-type 利用料金タイプを指定します。
1(月額課金)|2(従量課金)
Default : 2
--network-interface "network-id=value,
network-name=value,
ip-address=value,
is-vip-network=value"
[--network-interface "network-id=value,
network-name=value,
ip-address=value,
is-vip-network=value"]
ネットワークインタフェースを指定します。

network-id : ネットワーク名といずれかが必須
net-COMMON_GLOBAL(共通グローバル)|net-COMMON_PRIVATE (共通プライベート)|プライベートLAN のネットワークID

network-name : ネットワークIDといずれかが必須
ip-address : network-idがプライベートLAN、またはnetwork-nameが指定された場合は必須
1.指定されたネットワークが共通グローバルの場合、指定不可
2.指定されたネットワークが共通プライベートの場合、指定不可
3.指定されたネットワークがプライベートLANの場合、対象プライベートLANのネットワーク帯の範囲で、IPv4形式でIPアドレスの指定可能
4.指定されたネットワークがプライベートLANの場合、IPv4形式以外、また指定がない場合にエラー
is-vip-network : true(設定する)|false(設定しない) Default : true

出力要素

  • ELASTIC_LOAD_BALANCER / DNSName

実行サンプル

PROMPT>nifty-create-elb elbtest01 --listeners "protocol=TCP,elastic-load-balancer-port=81,instance-port=81" --availability-zones east-11 --network-interface "network-id=net-COMMON_GLOBAL"
ELASTIC_LOAD_BALANCER

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上