本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

nifty-create-dhcp-options

処理概要

API「CreateDhcpOptions」が実行されます。
DHCPオプションの設定情報を新規作成します。

コマンド構文

nifty-create-dhcp-options [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--dhcp-configuration “[ATTRIBUTE1=VALUE1[,VALUE2,…]”[--dhcp-configuration “ATTRIBUTE2=VALUE1[,VALUE2,…]”][…] -d DHCPオプションを指定します。
"default-router=値1,値2,..." : デフォルトゲートウェイのIPアドレス
"domain-name=値1,値2,..." : クライアントがホストの名前解決で使用するドメイン名
"domain-name-servers=値1,値2,..." : DNSサーバーのIPアドレス
"ntp-servers=値1,値2,..." : NTPサーバーのIPアドレス
"netbios-name-servers=値1,値2,..." : NetBIOSサーバーのIPアドレス
"netbios-node-type=値1,値2,..." : NetBIOSのノードタイプ
"lease-time=値1,値2,..." : IPアドレスのリースタイム

(ルーター名といずれか)

出力要素

※ニフクラAPIの応答フィールド名を記述します。

  • DHCP_OPTIONS / dhcpOptionsId
  • DHCP_CONFIGURATION / key
  • VALUE / value

実行サンプル

PROMPT>nifty-create-dhcp-options --dhcp-configuration "domain-name-servers=10.2.5.1,10.2.5.2"
DHCP_OPTIONS dopt-7a8b9c2d
DHCP_CONFIGURATION domain-name-servers
VALUE 10.2.5.1
VALUE 10.2.5.2

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上