本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

nifty-create-alarm

処理概要

API「 NiftyCreateAlarm 」が実行されます。

コマンド構文

nifty-create-alarm 監視ルール名 [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--function-name 機能名を指定します。
Server|LoadBalancer|DiskPartition|ElasticLoadBalancer
--description メモを指定します。
使用可能な文字:半角英数字(500文字以内)
--zone -z ゾーン情報を指定します。
(function-name=Server|DiskPartitionの場合)
--instance-id InstanceId1[,InstanceId2[,...]] -i サーバー名を指定します。
使用可能な文字:半角英数字(1〜15文字)

(function-name=Server|DiskPartitionの場合)
--lb-name LoadBalancerName1[,LoadBalancerName2[,...]] ロードバランサー名を指定します。
使用可能な文字:半角英数字(1〜15文字)

(function-name=LoadBalancerの場合)
--lb-port LoadBalancerPort1[,LoadBalancerPort2[,...]] 待ち受けポートを指定します。
0〜65535の数値

(function-name=LoadBalancerの場合かつdata-type=networkPortの場合)
--partition Partition1[,Partition2[,...]] パーティションを指定します。
使用可能な文字:半角英数字(1〜255文字)
※all(すべてのパーティション)指定可能

(function-name=DiskPartitionの場合)
--elastic-lb-name ElasticLoadBalancerName1[,ElasticLoadBalancerName2[,...]] マルチロードバランサー名を指定します。
使用可能な文字:半角英数字(1〜15文字)

(function-name=ElasticLoadBalancerの場合)
--elastic-lb-protocol ElasticLoadBalancerProtocol1[,ElasticLoadBalancerProtocol2[,...]] マルチロードバランサーのプロトコルを指定します。
TCP|UDP|HTTP|HTTPS

(function-name=ElasticLoadBalancerの場合かつdata-type=networkPortの場合)
--elastic-lb-port ElasticLoadBalancerPort1[,ElasticLoadBalancerPort2[,...]] マルチロードバランサーの待ち受けポートを指定します。
0〜65535の数値

(function-name=ElasticLoadBalancerの場合かつdata-type= networkPortの場合)
--rule "data-type=value,
threshold=value,
upper-lower-condition=value,
breach-duration=value"
[--rule "data-type=value,
threshold=value,
upper-lower-condition=value,
breach-duration=value"]
基本監視ルールを指定します。
・data-type :
function-name=Serverの場合:(ping|status|cpu|memory|volume)
function-name=LoadBalancerの場合:(networkAll|networkPort)
function-name=DiskPartitionの場合:(partition)
function-name= ElasticLoadBalancerの場合:(networkAll|networkPort)
・threshold : 0〜100の数値(%)(data-type=ping|status以外の場合は必須)
・upper-lower-condition : upper(以上)|lower(以下)(data-type=ping|status以外の場合は必須)
・breach-duration : 0〜30の数値
--alarm-condition 監視通知の条件を指定します。
and(すべて)|or(いずれか)

(function-name=Serverの場合)
--email-address EmailAddress1[,EmailAddress2[,...]] 通知先メールアドレスを指定します。
メールアドレス形式

出力要素

なし

実行サンプル

PROMPT>nifty-create-alarm rule123 --function-name Server --email-address emailaddress --zone east-11 --instance-id server001 --rule "data-type=status,breach-duration=10" --alarm-condition or

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上