本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

nifty-configure-elb-healthcheck

処理概要

API「 NiftyConfigureElasticLoadBalancerHealthCheck 」が実行されます。

コマンド構文

nifty-configure-elb-healthcheck マルチロードバランサー名 [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--protocol プロトコルを指定します。
TCP|UDP|HTTP|HTTPS
--elastic-load-balancer-port 待ち受けポートを指定します。
1〜65535の数値
--instance-port 宛先ポートを指定します。
1〜65535の数値
--health-check-target ヘルスチェック プロトコルを指定します。
TCP:宛先ポート(数字 1-65535)|HTTP:宛先ポート(数字 1-65535)|HTTPS:宛先ポート(数字 1-65535)|ICMP
--health-check-interval ヘルスチェック間隔(秒)を指定します。
5-300
--health-check-unhealthythreshold ヘルスチェック回数閾値を指定します。
1-10
--health-check-path ヘルスチェックパスを指定します。
使用可能文字 : 「!`$#";」を除く半角英数記号(255文字)
1.指定されたhealth-check-targetが「HTTP」もしくは「HTTPS」の場合に有効
2.先頭が”/”で始まっていること
--health-check-expectation "http-code=value"
[--health-check-expectation "http-code=value"]
ヘルスチェック期待値を指定します。
200-499
1.指定されたhealth-check-targetが「HTTP」もしくは「HTTPS」の場合に有効
2.HTTPステータスコードを指定
3.最大10個まで設定可能

出力要素

  • HEALTH_CHECK / Target
  • HEALTH_CHECK / Interval
  • HEALTH_CHECK / Timeout
  • HEALTH_CHECK / UnhealthyThreshold
  • HEALTH_CHECK / HealthyThreshold
  • HEALTH_CHECK / Path
  • HEALTH_CHECK_EXPECTATION / HttpCode

実行サンプル

PROMPT>nifty-configure-elastic-load-balancer-health-check elb-8db04f81 --protocol TCP --elastic-load-balancer-port 80 --instance-port 80 --health-check-target TCP:80 --health-check-interval 300 --health-check-unhealthythreshold 5
IdType Target Interval Timeout UnhealthyThreshold HealthyThreshold Path
HEALTH_CHECK HTTPS:82 10 5 /test
IdType HttpCode
HEALTH_CHECK_EXPECTATION 300

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上