本文へジャンプします。

ニフティクラウド APIリファレンス

nifty-associate-route-table

処理概要

API「AssociateRouteTable」が実行されます。
指定したルーターへルートテーブルを設定する。
ルートテーブルを指定するためには、ルートテーブルIDが必要です。ルーターに設定済のルートテーブルを指定した、管理外のルートテーブルを指定したなど、無効なルートテーブルを指定した場合は、エラーが返されます。
またルーターを指定するためには、ルーターユニークIDまたはルーター名が必要です。処理中のルーターを指定した、削除済みのルーターを指定した、管理外のルーターを指定したなど、無効なルーターを指定した場合は、エラーが返されます。

ルーターがバックアップを保持している場合は、オプション「--agreement」を設定し、バックアップを解除する必要があります。バックアップを保持しているかどうかはAPI「NiftyDescribeRouters」のレスポンス値「isBackup」で確認できます。

コマンド構文

nifty-associate-route-table ルートテーブルID [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--router-id -r ルーターユニークIDを指定します。
(ルーター名といずれか)
--router-name -R ルーター名を指定します。
(ルーターユニークIDといずれか)
--agreement   version up実施したのち、バックアップ状態を解除する事項への同意を指定します。
(バックアップを保持する場合のみ)

出力要素

※ニフティクラウドAPIの応答フィールド名を記述します。

  • ROUTETABLE / routeTableId
  • ROUTETABLE / routerId or routerName

実行サンプル

PROMPT>nifty-associate-route-table rtb-e4ad488d -r rt-8db04f81
ROUTETABLE rtbe4ad488d rt-8db04f81

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上