本文へジャンプします。

ニフティクラウド 技術仕様

クラウド トップ>技術仕様>RDB>ポイントタイム・リカバリー

RDB:ポイントタイム・リカバリー

ポイントインタイム・リカバリーにより、バックアップ保持期間中ならどの時点の状態にでも、DBサーバーを復元することができます。 万が一、オペレーションミスで大事なデータを削除してしまった場合でも、復元可能なので安心です。

ポイントインタイムリカバリーでDBサーバーを作成すると、既存のDBサーバーを巻き戻すのではなく、新規のDBサーバーが作成されます。

ほかのDBセキュリティグループを適用したい場合には、一度サーバーが作成されたあとでコントロールパネルまたはModifyDBInstance APIで別途適用を行う必要があります。

DB サーバーの最新のリストア可能時間を知るには、コントロールパネルでDBサーバーの「最新のリストア可能時間」を確認するか、DescribeDBInstances APIのLatestRestorableTimeフィールドを参照してください。
最新のリストア可能時間は、通常現在時刻〜5分前の間となっています。

また最古のリストア可能時間は「最新のリストア可能時間-バックアップ保持期間」となります。

MySQL、MariaDBの場合、元となるDBサーバーのバイナリログのサイズによっては、ポイントインタイム・リカバリーに時間のかかる場合があります。

PostgreSQLの場合、元となるDBサーバーのWALファイルのサイズによっては、ポイントインタイム・リカバリーに時間のかかる場合があります。

推奨画面サイズ 1024×768 以上