本文へジャンプします。

ニフティクラウド 技術仕様

クラウド トップ>技術仕様>RDB>自動バックアップ

RDB:自動バックアップ

DBサーバーの自動バックアップ機能を有効にすれば、自動的に日次でDBサーバーのバックアップが行われるようになります。

バックアップを行う時間帯・バックアップを保持する期間

バックアップを行う時間帯・バックアップを保持する期間は、DBサーバーを作成するときに、お客様が指定することができます。後から変更することも可能です。

バックアップを行う時間帯 1日のどこかの時間を、バックアップ開始時間として指定します。
コントロールパネルではJST、APIではUTCで、時刻をご指定ください。
バックアップを保持する期間 1〜10日の範囲で指定することができます。
コントロールパネルではJST、APIではUTCで、時刻を指定する必要があります。
  • ※料金は、1日間のバックアップから発生します。
バックアップを行う時間帯を指定しなかった場合

リージョン毎に定められている10時間の時間帯の中から、ランダムでバックアップ時間が決定されます。

リージョン 時間帯(世界協定時) 時間帯(日本標準時)
東日本 east-1 17:00-03:00 UTC 02:00-12:00 JST
east-2 17:00-03:00 UTC 02:00-12:00 JST
east-3 17:00-03:00 UTC 02:00-12:00 JST
east-4 17:00-03:00 UTC 02:00-12:00 JST
西日本 west-1 17:00-03:00 UTC 02:00-12:00 JST

注意事項

  • バックアップ処理時間は、250GBのデータで8時間程度が目安です。
  • リードレプリカのマスターDBサーバーは、自動バックアップが有効となっている必要があり、無効へと変更することができません。自動バックアップを無効にしたい場合にはまず、リードレプリカを削除を行ってください。
  • RDBの自動バックアップの仕様上、取得タイミングにより、スナップショットは自動バックアップの保持期間日数+2〜3個まで作成されます(取得タイミングにより、2〜3個の部分は変動します)。なお、料金につきましては、保持期間日数分のみのご請求となります。

推奨画面サイズ 1024×768 以上