本文へジャンプします。

ニフティクラウド 技術仕様

RDB:メンテナンス

週に一度、DB サーバーに設定したメンテナンス時間内に、メンテナンスが行われます。

メンテナンスでは、DB サーバーに対して行った変更のうち、次のメンテナンスまで保留とされていたものが DB サーバーへ適用されます。

メンテナンス時間内に適用される可能性がある項目
  • ディスク容量の変更
  • バックアップ保持期間の変更(無効・有効を切り替えた場合のみ)
  • DBサーバータイプの変更
  • 冗長化機能のオン・オフ
  • DBサーバー名の変更

メンテナンスには条件にもよりますが目安として最長4時間程度かかります。コントロールパネルでは JST、APIではUTCで時間指定する必要があることに注意してください。

DBサーバーが複数台ある場合にはそれぞれに異なるメンテナンス時間を設定することができます。

メンテナンスによる影響

メンテナンスの内容によっては、DBサーバーの一時的なIO性能低下や一時的な切断が起こり得ます。具体的には、下記の3種類です。

ディスク同期処理を伴うメンテナンス 一時的な IO 性能低下が発生
DBサーバーの再起動が必要なメンテナンス 一時的な切断が発生
DBサービスの再起動が必要なメンテナンス 一時的な切断が発生

また、冗長化機能(データ優先)がオンの場合には、下記のようにフェイルオーバーを利用して1台ずつメンテナンスが行われるため、影響をフェイルオーバーによる切り替わり時間のみに抑えることができます。※冗長化機能(性能優先)がオンの場合は、フェイルオーバーは発生しません。

  1. 待機系へのメンテナンス実施
  2. 待機系の主系への昇格(フェイルオーバー)
  3. 古い主系(待機系へと降格されます)へのメンテナンス実施

冗長化については下記ページをご参照ください。

どのようなサーバー設定の変更を行った場合に、どのようなメンテナンス時の処理が行われるのかについては、下記の表をご参照ください。

  • ※−:実施しない/○:実施する/△:フェイルオーバーで1台ずつ実施する
冗長化機能オフの場合
変更対象 ディスク同期処理 DB サーバー再起動 DB サービス再起動 フェイルオーバー
ディスク容量
バックアップ
(ON/OFF切り替え)
DBサーバータイプ
冗長化機能オン
DBサーバー名
冗長化機能(データ優先)がオンの場合
変更対象 ディスク同期処理 DB サーバー再起動 DB サービス再起動 フェイルオーバー
ディスク容量
バックアップ
(ON/OFF切り替え)
DBサーバータイプ
冗長化機能オフ
DBサーバー名
冗長化機能(性能優先)がオンの場合
変更対象 ディスク同期処理 DB サーバー再起動 DB サービス再起動 フェイルオーバー
ディスク容量
バックアップ
(ON/OFF切り替え)
DBサーバータイプ
冗長化機能オフ
DBサーバー名

メンテナンス期間のデフォルト値

DBサーバーを作成する際に週次のメンテナンス時間を指定しなかった場合、リージョン毎に定められている10時間の時間帯の中からランダムでバックアップ時間が決定されます。曜日もランダムで割り当てられます。

リージョン 時間帯(世界協定時) 時間帯(日本標準時)
東日本 east-1 17:00-03:00 UTC 02:00-12:00 JST
east-2 17:00-03:00 UTC 02:00-12:00 JST
east-3 17:00-03:00 UTC 02:00-12:00 JST
east-4 17:00-03:00 UTC 02:00-12:00 JST
西日本 west-1 17:00-03:00 UTC 02:00-12:00 JST

注意事項

  • ※冗長化機能(性能優先)がオンの場合、フェイルオーバー動作時に、次のメンテナンスまで保留とされていたDBサーバーに対する変更が破棄されます。
    障害によるフェイルオーバーの場合、マスタDBサーバーのメンテナンスが破棄されます。
    コントロールパネルより、手動でフェイルオーバーを行った場合、マスタDBサーバーとレプリカDBサーバーのメンテナンス設定が破棄されます。

推奨画面サイズ 1024×768 以上