本文へジャンプします。

ニフティクラウド 技術仕様

RDB:DBログ

DBサーバーでは、ログを閲覧したり、ダウンロードしたり、監視したりすることができます。

各エンジンで利用可能なログは下記の通りです。

MySQLエンジン、MariaDBエンジン エラーログ・スロークエリ―ログ・一般クエリーログが閲覧可能です。
トランザクションログの閲覧・監視・ダウンロード機能は提供していません。
PostgreSQLエンジン 起動ログ・PostgreSQLログが閲覧可能です。

なお、コントロールパネルでは最大5MBまでログのダウンロードが可能です。
DownloadDBLogFilePortion APIによるログのダウンロードは10MBまでが推奨となっております。

MySQLエンジン、MariaDBエンジンの場合

エラーログ

デフォルトでエラーログが出力されます。

ファイル名は、「mysql-error.log」です。

「mysql-error.log」ファイルの中身は、コントロールパネルまたはAPIを使って閲覧することが可能です。

「mysql-error.log」ファイルは5分毎にクリアされ、その中身は「mysql-error-running.log」に追記されていきます。

さらに「mysql-error-running.log」は、1時間毎にローテートされ、ローテートされた各ファイルは24時間保持されます。

ローテートの際、ファイル名の末尾にファイル作成時間(0〜24の数字、UTC)が付加されるので、ログの最終書込日時を知ることも可能です。

スロークエリ―ログ・一般クエリーログ

スロークエリ―ログ・一般クエリーログはデフォルトでは出力されません。

出力するには、DBパラメーターグループで「slow_query_log, general_log」パラメーターをそれぞれ1に設定してください。

さらに、スロークエリ―ログは、「long_query_time」パラメーターでログ出力の閾値を浮動小数点数で設定することができます。

例えば、「long_query_time」パラメーターを0.1に設定すれば、0.1秒(=100ミリ秒)以下の時間がかかったログがスロークエリ―ログに出力されます。

スロークエリ―ログ・一般クエリーログは、エラーログと同じルールでローテートされます。

PostgreSQLエンジンの場合

起動ログ

デフォルトでは、起動ログが出力されます。

ファイル名は、「postgres.log」です。

「postgres.log」ファイルの中身は、コントロールパネルまたはAPIを使って閲覧することが可能です。

「postgres.log」ファイルは5分おきに更新されます。

「postgres.log」の保存期間を設定するにはDBサーバーに適用されたDBパラメーターグループのrdb.log_retension_periodを利用します。

パラメーターの単位は「分」です。
デフォルト値は4320(3日間)、最大値は10080(7日間)です。

ログを保存するために十分なディスク容量をDBサーバーに設定する必要がありますのでご注意ください。

PostgreSQLログ

デフォルトではエラー情報のみが出力されます。

ファイル名は、DBパラメーターグループのlog_filenameで設定できます。
log_filenameは下記の2タイプから選択することができます。デフォルトでは前者の「時間毎」が設定されています。

タイプ ローテート 出力例
時間毎 1時間おき postgresql.log.%Y-%m-%d-%H postgresql.log.2014-03-17-06
日毎 1日おき postgresql.log.%Y-%m-%d postgresql.log.2014-03-17

保存期間は、起動ログと同様にDBパラメーターグループのdb.log_retension_periodで設定することができます。

PostgreSQLログは、PostgreSQLへのクエリー情報出力することができます。出力方法については下記ページをご覧ください。

推奨画面サイズ 1024×768 以上