本文へジャンプします。

ニフティクラウド 技術仕様

RDB:イベント

ニフティクラウド RDBのリソースに対して行われた変更の履歴を閲覧できる機能です。
イベント情報を検索するには、コントロールパネルまたは DescribeEvents API を利用します。

発生したイベントは、イベント通知機能を使用して、任意のメールアドレスに通知することができます。
イベント通知については下記ページをご参照ください。

イベントには、下記のリソースに関するイベントが記録されます。

閲覧可能なリソース(リソースタイプ)
  • DBサーバー(db-instance)
  • DBパラメーターグループ(db-parameter-group)
  • DBファイアウォールグループ(db-security-group)
  • DBスナップショット(db-snapshot)
記録に含まれる項目
  • 発生日時
  • リソース名
  • リソース種別(DBサーバー・DBスナップショット・DBファイアウォールグループ・DBパラメーターグループのいずれか)
  • メッセージ
イベント保持期間 14日間

イベントカテゴリー

イベントは、10種類のカテゴリーに分類されています。

イベントカテゴリー名 説明
availability 利用可否に関するイベント
backup 自動バックアップに関するイベント
configuration change 設定変更に関するイベント
creation 作成が行われたことを表すイベント
deletion 削除が行われたことを表すイベント
failover 冗長化機能有効時のフェイルオーバーに関するイベント
failure 異常が発生したことを表すイベント
low storage ストレージが不足したことを表すイベント
notification ユーザーへ通知を行うためのイベント
recovery リカバリーに関するイベント
restoration ポイントインタイムリカバリー・DB スナップショットからの DB サーバー作成に関するイベント

イベント一覧

ニフティクラウド RDBで発生するイベントを下記の通りです。

db-instance
イベントカテゴリー イベント ID メッセージ 説明
availability RDB-EVENT-0006 DB instance restarted DBサーバーを再起動しました。
RDB-EVENT-0004 DB instance shutdown DBサーバーを停止しました。
backup RDB-EVENT-0002 Finished DB Instance backup DBサーバーのバックアップが完了しました。
RDB-EVENT-0001 Backing up DB instance DBサーバーをバックアップを行っています。
configuration change RDB-EVENT-0009 Added security group ${DB ファイアウォールグループ名} to DB instance DBサーバーにDBファイアウォールグループ ${DBファイアウォールグループ名} を適用しました。
RDB-EVENT-0024 Applying modification to convert to a Multi-AZ DB Instance DBサーバーの冗長化機能を有効にしています。
RDB-EVENT-0030 Applying modification to convert to a standard (Single-AZ) DB Instance DBサーバーの冗長化機能を無効にしています。
RDB-EVENT-0012 Applying modification to database instance class DBサーバーのDBサーバータイプを変更しています。
RDB-EVENT-0018 Applying modification to allocated storage DBサーバーのディスク容量を変更しています。
RDB-EVENT-0011 Updated to use a DBParameterGroup ${DBパラメータグループ名} DBサーバーにDBパラメーターグループ${DBパラメーターグループ名}を適用しました。
RDB-EVENT-0028 Disabled automated backups DBサーバーの自動バックアップ機能を無効にしました。
RDB-EVENT-0032 Enabled automated backups DBサーバーの自動バックアップ機能を有効にしました。
RDB-EVENT-0025 Finished applying modification to convert to a Multi-AZ DB Instance DBサーバーの冗長化機能を有効化しました。
RDB-EVENT-0029 Finished applying modification to convert to a standard (Single-AZ) DB Instance DBサーバーの冗長化機能を無効化しました。
RDB-EVENT-0014 Finished applying modification to DB instance class DBサーバーのDBサーバータイプの変更が完了しました。
RDB-EVENT-0017 Finished applying modification to allocated storage DBサーバーのディスク容量の変更が完了しました。
RDB-EVENT-0010 Removed security group ${DBセキュリティグループ名} from DB instance DBサーバーをDBファイアウォールグループ${DBファイアウォールグループ名}から取り外しました。
RDB-EVENT-0016 Reset master credentials DBサーバーのマスターパスワードを再設定しました。
creation RDB-EVENT-0005 DB instance created DBサーバーを作成しました。
deletion RDB-EVENT-0003 DB instance deleted DBサーバーを削除しました。
failover RDB-EVENT-0013 Multi-AZ instance failover started DBサーバーの冗長化機能によるフェイルオーバーを開始しました。
RDB-EVENT-0015 Multi-AZ instance failover completed DBサーバーの冗長化機能によるフェイルオーバーを完了しました。
RDB-EVENT-0051 ※冗長化機能(データ優先)がオンの場合、下記メッセージが返却されます。 A Multi-AZ activation is complete. Your database should be accessible now. ※冗長化機能(性能優先)がオンの場合、下記メッセージが返却されます。 A Multi-AZ activation is complete, and ReadReplica instance has been promoted to master. Your database should be accessible now. ※冗長化機能(データ優先)がオンの場合、下記メッセージが返却されます。 障害が発生したため、DB サーバーのフェイルオーバーを行いました。現在はデータベースにアクセスできる状態になっています。 ※冗長化機能(性能優先)がオンの場合、下記メッセージが返却されます。 障害が発生したため、リードレプリカをマスターDBサーバーに昇格しました。現在はデータベースにアクセスできる状態になっています。
failure RDB-EVENT-0031 ※マスタDBサーバーが停止した場合、下記メッセージが返却されます。 The DB instance has failed. We recommend that you begin a point-in-time- restore for the DB instance.
※冗長化機能(性能優先)がオンのリードレプリカが停止した場合、下記のメッセージが返却されます。 The Read Replica instance has failed. We recommend that you create another ReadReplica for the DB instance.
※マスタDBサーバーが停止した場合、下記メッセージが表示されます。 DBサーバーに異常が発生しました。必要に応じてポイントインタイムリカバリーを行ってください。 ※冗長化機能(性能優先)がオンのリードレプリカが停止した場合、下記のメッセージが表示されます。 リードレプリカに異常が発生しました。必要に応じて新しいリードレプリカを作成してください。
RDB-EVENT-0035
  • ※MySQLエンジン、MariaDBエンジンの場合、下記のいずれかのメッセージが返却されます。
  • ・Database could not be started due to incompatible parameters. MySQL could not be started because of the error "${エラー内容}". Modify the related parameters and reboot the instance.
  • ・Database could not be started due to incompatible parameters. MySQL could not be started. Modify the related parameters and reboot the instance.

  • ※PostgreSQLエンジンの場合、下記のいずれかのメッセージが返却されます。
  • ・Database could not be started due to incompatible parameters. PostgreSQL could not be started because of the error "${エラー内容}". Modify the related parameters and reboot the instance.
  • ・Database could not be started due to incompatible parameters. PostgreSQL could not be started. Modify the related parameters and reboot the instance.
  • ※MySQLエンジン、MariaDBエンジンの場合、下記のメッセージが表示されます。
  • ・不正なパラメーターのため、DB サービスを開始することができませんでした。エラー "${エラー内容}" が発生したため、MySQL サービスを起動することができませんでした。関連するパラメーターを修正して DB サーバーの再起動を行ってください。
  • ・不正なパラメーターのため、DBサービスを開始することができませんでした。MySQLサービスを起動することができませんでした。関連するパラメーターを修正してDB サーバーの再起動を行ってください。

  • ※PostgreSQLエンジンの場合、下記のいずれかのメッセージが表示されます。
  • ・不正なパラメーターのため、DB サービスを開始することができませんでした。エラー "${エラー内容}" が発生したため、PostgreSQLサービスを起動することができませんでした。関連するパラメーターを修正して DB サーバーの再起動を行ってください。
  • ・不正なパラメーターのため、DB サービスを開始することができませんでした。PostgreSQL サービスを起動することができませんでした。関連するパラメーターを修正して DB サーバーの再起動を行ってください。
notification RDB-EVENT-0044
  • ※下記のいずれかのメッセージが返却されます。
  • Changed to a Single-AZ DB Instance due to a failure of the slave.
  • Changed to a Single-AZ DB Instance for split-brain occurs.
  • Changed to a Single-AZ DB Instance due to a failure of the master.
  • ※下記のいずれかのメッセージが表示されます。
  • 待機系のDBサーバーに異常が発生したため、DBサーバーの冗長化機能を無効化しました。
  • スプリット・ブレーンが発生したため、DBサーバーの冗長化機能を無効化しました。
  • 主系のDBサーバーに異常が発生したため、DBサーバーの冗長化機能を無効化しました。
RDB-EVENT-0045
  • ※MySQLエンジン、MariaDBエンジンの場合、下記のメッセージが返却されます。
  • Read Replica Replication Error - ${"IOError" or "SQLError"}: ${MySQLエラーコード}, reason: ${理由}
  • ※PostgreSQLエンジンの場合、下記のメッセージが返却されます。
  • Read Replica Replication Error - reason: ${理由}
  • ※MySQLエンジン、MariaDBエンジンの場合、下記のメッセージが表示されます。
    リードレプリカでレプリケーションエラーが発生しました。${"IOError"または"SQLError"}: ${MySQLエラーコード}, 理由: ${理由}
  • ※PostgreSQLエンジンの場合、下記のメッセージが表示されます。
    リードレプリカでレプリケーションエラーが発生しました。理由: ${理由}
RDB-EVENT-0046 Replication for the Read Replica resumed リードレプリカのレプリケーションを開始しました。
RDB-EVENT-1001 DB instance status changed from failed to available DBサーバーのステータスが復旧しました。
※ディスク使用率が99%以上から99%未満になった場合、下記のメッセージが返却されます。
The free storage capacity for DB Instance: ${DBサーバー名} is high at {空きディスク使用率}% of the provisioned storage [Provisioned Storage: ${全容量}, Free Storage: ${残り容量}].
※ディスク使用率が99%以上から99%未満になった場合、下記のメッセージが表示されます。
DBサーバー ${DBサーバー名} の空きディスク容量が {空きディスク使用率}% を超えました (${残り容量}/${全容量})
recovery RDB-EVENT-0020 Recovery of the DB instance has started. Recovery time will vary with the amount of data to be recovered. DBサーバーのリカバリーを開始しました。リカバリー時間はリカバリー対象のデータ量により異なります。
RDB-EVENT-0021 Recovery of the DB instance is complete. DBサーバーのリカバリーが完了しました。
restoration RDB-EVENT-0019 Restored from DB instance ${ポイントインタイムリカバリー元のDBサーバー名} to ${YYYY-MM-DD HH:MM:SS.S} DBサーバー ${ポイントインタイムリカバリー元DBサーバー名} の${YYYY-MM-DD HH:MM:SS.S} 時点の状態からポイントインタイムリカバリーによりDBサーバーを作成しました。
low storage ※ディスク使用率が80%以上90%未満、90%以上99%未満、99%以上になった場合、下記のメッセージが返却されます。
The free storage capacity for DB Instance: ${DBサーバー名} is low at ${空きディスク使用率}% of the provisioned storage [Provisioned Storage: ${全容量}, Free Storage: ${残り容量}].
※ディスク使用率が80%以上90%未満、90%以上99%未満、99%以上になった場合、下記のメッセージが表示されます。
DBサーバー ${DBサーバー名} の空きディスク容量が {空きディスク使用率}% まで減少しました (${残り容量}/${全容量})
Renamed instance from ${変更前DBサーバー名} to ${変更後DBサーバー名}. DBサーバー名を ${変更前DBサーバー名} から ${変更後DBサーバー名}に変更しました。
db-parameter-group
イベントカテゴリー イベント ID メッセージ 説明
configuration change RDB-EVENT-0037 Updated parameter ${パラメータ名} to ${値} with apply method ${"immediate" or "pending-reboot"} 適用方法「${"今すぐ"または"再起動待ち"}」でDBパラメーターグループのパラメーター ${パラメーター名} を ${値} に更新しました。
db-security-group
イベントカテゴリー イベント ID メッセージ 説明
configuration change RDB-EVENT-0038 Applied change to security group DBセキュリティグループに変更を適用しました。
db-snapshot
イベントカテゴリー イベント ID メッセージ 説明
creation RDB-EVENT-0042 Manual snapshot created DBスナップショットを手動で作成しました。
RDB-EVENT-0040 Creating manual snapshot DBスナップショットを手動で作成しています。
deletion RDB-EVENT-0041 Deleted manual snapshot 手動によるDBスナップショットを削除しました。
restoration RDB-EVENT-0043 Restored from snapshot ${DBスナップショット名} DBスナップショット ${DBスナップショット名} からDBサーバーを作成しました。

推奨画面サイズ 1024×768 以上