本文へジャンプします。

ニフティクラウド 技術仕様

Automation:MySQLレイヤー

MySQLレイヤーでは、MySQLをサポートしています。
MySQLは、広く利用されているRDBMS(リレーショナル・データベース・マネージメント・システム)です。

サーバーのOSで利用可能な最新バージョンのMySQLをインストールします。
スタックにMySQLサーバーを追加すると、既存のアプリサーバーへ自動的にMySQLのパスワードが配布されます。
マルチマスター構成やマスタースレーブ構成の設定を行うには、カスタムレシピを作成する必要があります。

  • ※ゾーン接頭辞…ゾーンごとの短縮名です。(例:east-12→e12、west-11→w11 など)
短縮名 db-master
開放されるポート グローバル 22(SSH)
Webレイヤー・アプリレイヤー(Rails・Node.js・PHP)・カスタムレイヤー ANY(全ポート)
デフォルトファイアウォールグループ 命名規則 ${ゾーン接頭辞}autdbmfw
ルール
プロトコル ポート IN/OUT 接続元種別 IPアドレス・グループ
ANY   IN グループ ${ゾーン接頭辞}autappfw
ANY   IN グループ ${ゾーン接頭辞}autwebfw
ANY   IN グループ ${ゾーン接頭辞}autcstfw
TCP 443 IN IPアドレス 0.0.0.0/0
設定項目
  • MySQLパスワード
  • MySQLパスワードを配布する
レシピ Setupレシピ
  • opsworks_initial_setup
  • ssh_host_keys
  • ssh_users
  • mysql::client
  • dependencies
  • ebs
  • opsworks_ganglia::client
  • mysql::server
  • dependencies
  • deploy::mysql
Configureレシピ
  • opsworks_ganglia::configure-client
  • ssh_users
  • agent_version
  • deploy::mysql
Deployレシピ
  • deploy::default
  • deploy::mysql
Undeployレシピ なし
Shutdownレシピ
  • opsworks_shutdown::default
  • mysql::stop
  • ※Ubuntuの場合、サーバーのパッケージマネージャー(apt-get)を利用してMySQLをデフォルトのパスへインストールします。
  • ※CentOSの場合、SkySQLのrpmパッケージを利用してMySQLをインストールします。
  • ※設定ファイルは/etc/my.cnfに存在します。
MySQLのデータ保存領域に追加ディスクを利用したい場合

カスタムJSONでmysql.ec2_path属性にマウントポイントを指定してください。
追加ディスクが/dataにマウントされている場合、下記のようなカスタムJSONを指定することになります。

{
  "mysql": {
    "ec2_path": "/data"
  }
}

推奨画面サイズ 1024×768 以上