本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド仕様・機能

クラウド トップ>機能・サービス>サーバー起動時スクリプト

サーバー起動時スクリプト

コントロールパネルやニフティクラウドAPIからスクリプトを送り込み、OS起動時に実行することができる機能です。

特長

環境設定の負担を軽減

アプリケーションのインストールや設定を自動的に行うことができるようになり、サーバーの起動とともにセッティングを完了することができます。

仕様

スクリプトの入力(埋め込み)タイミング サーバー作成時
サーバー起動時
サーバー再起動時
イメージからのサーバー作成時
入力方法 コントロールパネル
API
スクリプトの入力形式 テキストボックスへの直接入力
スクリプトファイルのアップロード
ファイル形式 プレーンテキスト
(Base64形式を選択することもできます)
  • ※通常の平文をbase64表記に変換した場合、サイズは4/3倍(約133%)になります。
Linuxサーバー(CentOS, RedHat)について
  • 「#!」で始まる場合にはシェルスクリプトと認識し起動時にスクリプトを実行します。
  • それ以外は、作成したサーバーに「/.niftycloud_user_data」というファイル名でスクリプトを書き出します。
Windowsサーバーについて
  • 「@REM」で始まる場合にはバッチファイルと認識し起動時にバッチを実行します。それ以外は、作成したサーバーに「C:\ProgramData\Nifty\Cloud\userdata.bat」というファイル名でバッチスクリプトを書き出します。
  • base64でエンコードしてある場合には「base64エンコードのスクリプトを使用する」にチェックを入れてください。
  • スクリプトの最大サイズは、base64 エンコード後のサイズで8KBまでです。

料金

サーバー起動時スクリプトは無料でご利用いただけます。

ご利用方法

コントロールパネルおよびニフティクラウドAPIからご利用いただけます。

注意事項

  • 2011年10月26日以前にVMインポート機能で作成したサーバーでは、サーバー起動時スクリプトが利用できません。利用する場合は、別途、OS初期化スクリプトをインストールしてください。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。詳しくは、「弊社商品の価格表示について」をご覧ください。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2017年3月23日時点の情報です。

ニフティクラウド 機能・サービス一覧